riccla
# Amazon

Amazonプライム会員の30日間無料体験を試してみたら、お得なメリットがあり過ぎだった件

Amazonをよく利用している人なら誰でも知っているであろう「Amazonプライム会員」。

その存在を知ってはいながらも、実は利用したことが無いという人も多いのではないだろうか。

そんな人のために、Amazonプライム会員では30日間の無料体験ができるようになっている。

そこで僕も試しに利用してみたところ、お得感があまりにもハンパなかったので、年会費を払ってでも継続することに決めた。

この僕をも虜にした破格のエンタテインメントサービス「Amazonプライム会員」について、その魅力をたっぷり紹介していこう。

\30日間無料体験中/

Amazonプライム会員の年会費はたったの4,900円(月々410円)

この4,900円を高いと思うか安いと思うかは人それぞれであるが、月換算するとわずか410円/月となりランチ1食分と同程度。

これから紹介する特典を全て利用できると考えれば、個人的にはかなり破格だと思う。

ちなみに、いきなり1年分の会費を払うのは抵抗があるという場合には、月額プラン(月々500円)を利用するのも手だ。

ただ、一括で払った方が1,100円もお得なので、とりあえず30日間の無料体験を試してみるのをおすすめする。

実際に使ってみて特にメリットを感じなければ、継続しなければ良いだけなので。

\30日間無料体験中/

Amazonプライム会員をおすすめする5のメリット

そんな魅力的な特典が満載のAmazonプライム会員

全てを説明すると膨大なテキスト量になりそうなので、実際に利用しているサービスの中で特にメリットを感じたことをベスト5に絞って上位から紹介していこう。

メリット1:2,000円未満の買い物でも配送料無料に

買い物するにはとても便利なAmazonだが、合計金額が2,000円未満の場合、350円の配送料が発生するのがネックなところ。

しかし、プライム会員になるとすべての買い物において配送料が無料となる。

月に1回以上買い物すれば、プライム会員費の月額分をほぼペイできるので、これは本当にありがたいサービスだ。

注意点としては、対象は「プライムマーク」がついている商品のみということ。

ほとんどの商品にはマークが付いているが、たまに対象外のものもあるので気をつけよう。

お急ぎ便・お届け日指定も利用無料に

さらに、プライム会員は配送料無料になるだけでなく、通常のところ利用料が発生する

  • お急ぎ便
  • 当日お急ぎ便
  • お届け日指定

全て無料で使い放題となる。

お急ぎ便は注文した商品がすぐに必要な場合に、お届け日指定は決まった日に商品を届けてほしいという時にかなり重宝する。

いま紹介した内容だけでもプライム会員になるだけで、元を取れていると僕は正直思う。

しかし、プライム会員のメリットはこれだけではとどまらない。

\30日間無料体験中/

メリット2:200万曲以上が聞き放題「Prime Music(プライムミュージック)」

プライムミュージックは200万曲以上が聴き放題になるサービスで、「Amazon Music」というアプリを使うと、よりスマートに楽曲再生ができるようになる。

ちなみに、アプリのトップ画面はこんな感じ。

J-POPなら最新曲から過去の名盤まで、幅広く取り揃えられている。

YouTubeなどでよくある広告が一切無いのでストレスフリーに楽曲を楽しめるほか、スキップ機能、リピート再生なども搭載。

さらに、楽曲のダウンロードも可能で、1度ダウンロードしてしまえばオフラインでも再生ができる。

プレイリストも数々用意されており、例えば

  • 夏うた J-POP
  • ディズニー ヒッツ
  • 晴れた朝に聞きたい洋楽
  • 眠りのためのヒーリング・ミュージック

など、その時の気分に合わせて楽曲再生できるのが便利だ。

24時間いつでも楽しめる「プライムラジオ」

プライムミュージックの中でも僕のおすすめは「プライムラジオ」という機能。

プライムラジオは、プライムミュージック対象の楽曲をジャンル別に24時間いつでも、途切れることなく楽しめる機能だ。

楽曲がランダム再生で永遠と流れていくので、何気ないBGMが欲しい時にものすごく重宝する。

また、全く馴染みのない新しい音楽との出会いができるのも、プライムラジオならではの楽しみ方のひとつ。

個人的にはプライムラジオでクラシックを聴けるのが滅茶苦茶ありがたい。

ブログを書いている時や勉強している時にクラシック流すと、集中力が高まって作業がかなり捗るのでおすすめ。

もちろん追加料金は一切無しで聴き放題なので、よかったら試してみてほしい。

「Amazon Music」アプリとスマートスピーカーでさらに便利に

「Amazon Music」アプリには、AIのAlexa(アレクサ)が搭載されているので、「Echo Dot」などのスマートスピーカーと合わせることで、話しかけるだけで楽曲再生ができるようになる。

僕はスマートスピーカーを持っていないため、その実用性についてはレビューできないが、導入した際にはぜひ試してみたい。

「Amazon Music Unlimited」への登録で6,500万曲が聴き放題に

月額980円の「Amazon Music Unlimited」に登録することで、プライム会員では100万曲しか聞けないところ、6,500万曲まで解放されて聴き放題となる。

ちなみに、プライム会員だと月額780円に割引され、さらに最初の1ヶ月間は無料になるので、こっそり紹介しておく。

\30日間無料体験中/

メリット3:映画・ドラマ・アニメが全部見放題「Prime Video(プライムビデオ)」

プライムビデオは、HuluやU-NEXTなどと同じ動画配信サービスで、対象の動画が見放題となるというもの。

(元アニオタとしては)アニメの過去作が見放題なのが激アツ。

もちろんアニメだけでなく、ドラマや映画も充実しているので安心してほしい。

最近、新シリーズが始まった「結婚できない男」も、プライムビデオで楽しめる(僕が1番好きなドラマ)。

他にもプライムビデオでしか見れない限定のオリジナル作品も続々リリースされている。

自宅のテレビでもPrime Videoが見れるようになる「Fire TV Stick」

Amazonで売られている「Fire TV Stick」というものを使うと、自宅のテレビでもPrime Videoが見れるようになる。

大きい画面で動画を楽しめるようになり、快適に視聴できる上に4Kにも対応している。

\30日間無料体験中/

メリット4:1,000冊以上のKindle本が読み放題「Prime Reading(プライムリーディング)」

音楽や動画だけでなく、本までもが読み放題に。

小説・マンガ・ビジネス書・雑誌など、様々なジャンルの本が対象となっている。

僕はガジェットや家電、インテリア系の雑誌を読むのが好きなので

  • Get NAVI
  • 家電批評
  • Mac Fan
  • Casa

がどこでも読めるのがうれしい。

小説についてはあんまり詳しくないので紹介は割愛するが、レシピ本「オレンジページ」や旅行誌「るるぶ」、TOEICの参考書など、普段の生活に役立つ本が揃っており、かなり使い勝手が良い。

しかも1冊1,000円以上する本もたくさんあるので、Kindle本を読んでいるだけで余裕で元が取れる。

てかプライム会員ヤバ過ぎない…?

\30日間無料体験中/

メリット5:セールイベントでの優遇措置(プライムデー・サイバーマンデー・タイムセール祭りなど)

Amazonでは定期的にタイムセールが開催される。

「Amazonプライムデー」は年に1度のビッグセールで、プライム会員しか参加できない参加者限定イベントだ。

Amazonデバイスやガジェット・家電・日用品・食品・ファッションなど、数十万種類のセール対象商品が最大50%オフ以上で購入できるほか、15%以上のポイント還元が設定された商品も多数用意される。

「サイバーマンデー」や「タイムセール祭り」では、プライム会員だと30分先行してセール会場に入れるので、セール対象になった人気商品を優先的に買い物できる。

さらにイベント時には、プライム会員はポイント還元が上乗せされる場合が多いので、お得に買い物できるようになる。

Amazonをよく利用しているのなら、プライム会員になっておいた方が得する場面が多そうだ。

\30日間無料体験中/

Amazonプライム会員にデメリットはあるのか

もちろんプライム会員にもデメリットはある。

しかし、これまで紹介したメリットに比べれば大したことはない。

デメリット1:専門サービスと比較すると充実度が劣る

音楽聴き放題、動画見放題、本読み放題など、それぞれに特化した専門サービスと比較すると、内容や使いやすさでは劣っている。

しかし、サービスの中には1,000円を超えるものもある中、プライム会員は全部入りで月々たったの410円という破格な価格設定。

個々の内容では劣るかもしれないが、総合的に考えるとプライム会員がコスパ最強なのは間違いない。

デメリット2:年会費が値上げする可能性がある

海外ではこれまで2回値上げが行われており、プライム会員の年会費は既に119ドル(13,000円ぐらい)になっている。

日本でも最初は3,900円だったが、2019年4月12日に初の値上げが行われ、今の4,900円になっている。

将来的に値上げが行われる可能性は多いにあると思うので注意が必要だ。

また、一度プライム会員の便利さに慣れてしまうと、値上げしても退会しづらくなってしまうという懸念もある。

でも正直、年会費1万円ぐらいならまだお得な方だと個人的には思う。

まとめ

実際にプライム会員の特典を利用してみて、想像以上に使えるサービスだということが分かった。

  • 年会費がたったの4,900円
  • Amazonが送料無料で配達オプションが使い放題
  • 100万曲が以上が聴き放題「プライムミュージック」
  • ドラマ・映画・アニメが見放題「プライムビデオ」
  • 1,000冊以上の本が読み放題「プライムリーディング」
  • セールイベントでの優遇措置

特にプライムミュージックやプライムリーディングはほぼ毎日利用しており、既に生活の一部に溶け込んでしまっている。

もはやプライム会員なしでは生きていけないかもしれない(は言い過ぎだが)。

しかも、今回紹介した特典は僕が実際に利用したものだけであり、プライム会員にはもっとたくさんの特典が用意されている。

これが月々410円で使えると思うと、はっきり言ってプライム会員にならない理由がないと思う。

プライム会員に入ると得というより、入っていないと損っていうレベルだ。

僕の実体験を通じて、もしプライム会員が気になったという人は、30日間の無料体験もあるので、とりあえず試してみてはいかがだろうか。

プライム会員は本当におすすめできるサービスなので、みんなにもぜひ使ってほしいと思っている。

えふぃる
えふぃる
プライムビデオを見ていたら、いつのまにか休日が終わっていた

\30日間無料体験中/

こちらの記事もおすすめ