riccla
# クレジットカード

年会費無料クレジットカードの決定版。使って分かった「エポスカード」の5つのメリットと1つのデメリット

年会費無料のクレジットカードの中でも、評判の高いカードの1つが「エポスカード」。

僕もエポスカードを手にするまでは、楽天スーパーポイントが貯まりやすい「楽天カード」をメインに使っていたが、今ではエポスカードをメインに乗り換えたぐらいだ。

今回は、実際にエポスカードを使ってみて感じたメリットやデメリットなどを紹介していくので、エポスカードが気になっていた人にとって、何かの参考になれば幸いだ。

エポスカードはこんな人におすすめ
  • 年会費無料で高還元率のクレジットカードを探している
  • すぐにクレジットカードを使いたい
  • クレジットカード利用額が年間50万円以上ある
  • ゆくゆくはゴールドカードが欲しい
  • 国内・海外旅行によく行く
  • 入会特典が欲しい

エポスカードは最短即日発行が可能で、今なら僕からの紹介特典として新規申し込みで2,500ポイントがもらえるキャンペーンを開催中だ。

\新規入会で2,500ポイントがもらえる!/

エポスカードの基本スペック

エポスカードは年会費が無料で、ETCカードも同様に年会費無料で使える。

発行ブランドはVISAのみで、エポスカードを利用すると、様々なポイントや商品と交換できるエポスポイントが付与される。

ポイント還元率は通常0.5%と控えめだが、後述する「リボ増額払い」を活用することで実質1%還元になるので、特にデメリットには感じていない。

また、エポスカードは最短即日発行が可能であったり、海外旅行傷害保険が自動付帯など、他のカードにはない魅力がたくさん備わっているが、ここでは紹介しきれないので詳細については公式サイトから確認してみてほしい。

エポスカードを実際に使って分かった5つのメリット

では、僕が実際にエポスカードを使っている中で感じたメリットを紹介していこう。

まとめると、以下の5つのメリットがある。

  • 提携店舗・サービスで特別優待が受けられる
  • キャッシュバックがあるプリペイドカードを発行できる
  • ゴールドカードへのインビテーションが届く
  • リボ増額払いの活用でポイント還元率が1%に上昇する
  • リボ増額払いの活用で支払い元の口座を複数利用できる

提携店舗・サービスで特別優待が受けられる

エポスカードは、約10,000の全国の実店舗やネットサービスなどと提携があり、カードの提示や利用をすることで、特別な優待を受けることができる。

数ある優待の中でも、僕は映画共通券の割引優待をよく使っている。

通常1,800円する映画のチケットが、1,300円で購入できるようになるのでおすすめだ。

キャッシュバックがあるプリペイドカードを発行できる

エポスカードならではの特権として、エポスカードの保有者は「エポスVISAプリペイドカード」が発行できる。

プリペイドカードには、エポスカードからのクレジットチャージはもちろん、エポスカードの利用で貯まったエポスポイントでもチャージができる上に、プリペイドカードの利用額の0.5%がプリペイド残高にバックされる

エポスカードの利用で貯めたポイントが新たな還元を生み出してくれるという素晴らしい仕組みだ。

また、プリペイドカードはデザインが豊富で、70種類以上もある中から好きな絵柄が選べる。

一部発行料500円がかかるものもあるが、トランプ柄など珍しくておもしろい絵柄もあるので、ぜひチェックしてみてほしい。

ちなみに、僕は爽やかなタッチで描かれたレモンの絵柄を持っている。

ゴールドカードへのインビテーションが届く

エポスカードを継続利用していると、ゴールドカードへのインビテーションが届く場合がある。

僕は既にインビテーション済で、今はゴールドカードに乗り換えている。

が通常、ゴールドカードを申し込むと年会費5,000円がかかるところ、インビテーション経由で申し込むと、なんと年会費が永年無料となる。

気になる「インビテーションの条件」は明らかにされていないが、年間で50万円以上利用するとインビテーションが届くという説が有力だ。

僕の例でいうと、2018年6月にエポスカードを申し込んでから、翌年1月にインビテーションが届いたのだが、その時点での利用累計額は約90万円だった。

  • 2018年6月:エポスカード申し込み
  • 2019年1月:インビテーション通知(決済累計額約90万円)

中には20万円程度しか利用していなくてもインビが届いたというケースもあるそうなので、いつかは届くと思っていれば良いだろう。

リボ増額払いの活用でポイント還元率が1%に上昇する

エポスカードでは、月々の支払いを一定額にするリボ払いが利用可能で、リボ払いの設定をすると付与されるポイントが2倍(還元率1%)になる。

同時に、リボ払いを利用すると増額払いという名の繰り上げ決済ができるようになり、締日となる翌月6日までにリボ払いした全額を増額払いすることで、手数料を一切かけずにポイント還元率を倍にできる。

毎月ちょっとした手間をかけるだけで、ポイント還元率を1%まで高めることができるので非常におすすめだ。

リボ増額払いの活用で支払い元の口座を複数利用できる

先ほど説明に出てきたリボ増額払いを利用することで、引落口座として設定している口座以外の口座からも支払いができるようになる。

リボ増額払いはPay-easyを利用しての繰り上げ決済になるので、Pay-easyが使える自分名義の銀行があれば、その銀行からも支払いができるということだ。

僕はエポスカードを家計用兼プライベート用として使っていて、家計用の支払いはゆうちょ銀行、プライベート用の支払いは楽天銀行から手続きをしている。

  • 家計用支出:ゆうちょ銀行のPay-easy払い
  • プライベート用支出:楽天銀行のPay-easy払い

このように支払い元口座を複数利用でき、またそれぞれ支払う金額も自由に設定できる点がとても便利だ。

このように複数の支払いをエポスカードにまとめることで、ポイントを効率よく集めることができる上に、インビテーションへの近道にもなる。

エポスカードを実際に使って分かった1つのデメリット

エポスカードはメリットが豊富でとても使い勝手がいいカードだが、使っている中でデメリットと感じる部分が1つだけある。

それは、1利用ごとにポイント付与対象かどうかカウントされることだ。

ポイント付与対象が1利用ごと

エポスカードでは1利用ごとのカウントで税込200円の利用につき1ポイントが付与される。

つまり、1回200円未満の買い物をした時は、全くポイントが付与されないことになる。

例えば、100円の買い物を月に10回した場合には、1ポイントも付与されないということだ。

一方、年会費無料で人気の楽天カードは、月間利用合計額に応じて100円につき1ポイントが付与されるので、上の例で行くと楽天カードでは10ポイントがゲットできる。

些細なことに感じるが、度重なることで大きな差が生じてくるので、デメリットなことには間違いない。

ただし、このデメリットには解消法がある。

それは、エポスカードで「Kyash」というプリペイドカードに事前チャージしてから使うという方法だ。

例えば、エポスカードでKyashに10,000円を事前チャージしておけば、Kyashで少額利用しても、最大限の50ポイント(還元率0.5%時)をゲットできるようになる。

Kyashは利用額の2%が還元されるという驚異的なメリットを持つカードで、エポスカードと組み合わせることで最大3%還元となるので、併せて持っておくと良いだろう。

まとめ

総じてエポスカードは使い勝手が良くて、致命的なデメリットもない優秀なカードで、メインとして愛用している僕も自信を持っておすすめできるカードだ。

エポスカードを持っているだけで、特別優待や海外旅行傷害保険が受けられる点も非常に魅力的で使い勝手が良い。

また、エポスカードを使い続けることによって、年会費無料のゴールドカードにグレードアップでき、さらに利便性がアップするので、これほどコスパが良いカードは他にないと言っても過言ではない。

最短即日発行が可能で、今なら2,500ポイントもゲットできるので、気になった人はぜひ申し込んでみてはいかがだろうか。

えふぃる
えふぃる
インビ狙ってたら、いつのまにか90万円も使っててビビった

\新規入会で2,500ポイントがもらえる!/

こちらの記事もおすすめ