# Pay

収納代行の支払いができる唯一のPayサービス。FamiPay(ファミペイ)のメリットとデメリット

ファミリーマートでお得に買い物ができるPayサービス「FamiPay(ファミペイ)」が、2019年7月1日からサービスを開始する。

コンビニ系Payサービスとしては、セブンイレブンの「7Pay(セブンペイ)」に続く2番目の登場となる。

今回はFamiPayについて、使い方やメリット・デメリットなども含めて解説していこう。

また、FamiPayでは2019年7月1日から7月30日まで、最大15%還元の「総額88億円あげまくっちゃうキャンペーン」を開催する。

最大上限3,000円分の還元が受けられるので、ぜひともチェックしておこう。

財布レスを目指したオールインワンアプリ

FamiPayはファミリーマートが提供するバーコード決済機能付きアプリだ。

会計時のポイントカードの提示、クーポンの提示、代金の支払いなどがアプリ1つで完結でき、まさに「財布レス」を意識したつくりになっている。

FamiPayボーナスの還元率は0.5%

FamiPayで支払いをするとFamiPayボーナスが付与される。

還元率は0.5%で、200円ごとに1ボーナスの還元となる。

FamiPayボーナスは、残高にチャージにして支払いに充てることが可能で、現金と同等に扱うことができるのが魅力だ。

収納代行の支払いが可能

FamiPayは収納代行にも利用が可能で、間接的にクレジットカードでの支払いができる。

支払い時にFamiPayボーナス還元は付与されないが、収納代行の支払い1件につき10ボーナスがもらえるといった特典がある。

他のPayサービスでは対応していない独自メリットで、この点だけでもFamiPayを使う価値がある。

ポイントカードの提示が不要になる

FamiPayでは、あらかじめポイントカードを設定しておくことで、支払い時にポイントカード提示する必要なくポイントを貯められるという画期的な機能を備えている。

これまでのPayサービスでは、ポイントカードをいったん提示してから支払いしなければならなかったが、1回のバーコードスキャンで完結できるのが非常にスマートだ。

2019年11月からはTポイントに加えて、楽天スーパーポイント・dポイントとの連携が予定されており、好きなポイントを手間なく貯められるようになる。

スタンプ機能や回数券でよりお得に

対象商品を購入するごとにスタンプが自動で貯まり、すべて貯まるとクーポンやゲーム挑戦権が配信される。

また、SNSなどでプレゼントもできる「FamiPay回数券」が2019年8月から開始する予定となっている。

FamiPay(ファミペイ)の使い方

使い方はいたって簡単で、アプリをインストールして事前に残高チャージしてから支払いをするだけ。

チャージ方法は3通り

FamiPayを使うには事前チャージが必要となるが、チャージには3通りの方法がある。

  • 現金チャージ
  • クレジットカードチャージ
  • FamiPayボーナスチャージ

現金チャージはファミマのレジでの対応となるので、指定の金額を店員さんに伝えてチャージをすることになる。

クレジットカードからもチャージができるが、現状対応しているのはファミマTカードのみとなっており、他のクレジットカードからはチャージができない。

ちなみにファミマTカードはモッピーから申し込みするのがお得だ。

また、FamiPayボーナスでもチャージができる。

支払いできる商品は幅広い

ファミマではFamiPayを使って様々な商品を購入できる。

たとえば

  • 食品・日用品・書籍・お酒・ゲーム
  • ギフト・年賀状印刷代
  • 切手・はがき・印紙
  • カード類(クオカードやPOSAカード)
  • 収納代行
  • 各種チケット

などなど、非常に多くの商品に対応している。

通常クレジットカードで購入できないPOSAカードまで対応しているのには驚きだ。

ただし、商品によってはFamiPayボーナスが付与されない場合もある。

使える店舗・サービスは少ない

残念ながらFamiPayが利用できる店舗・サービスは、今のところ非常に少ない。

  • ファミリーマート
  • Kaema(カエマ)

今後はドン・キホーテなどでも利用可能になる予定だが、ほとんどファミマ専用になると言ってもいいだろう。

FamiPay(ファミペイ)のメリット

FamiPayのメリットと言えば、なんと言っても収納代行の支払いに利用できることだろう。

FamiPayがあれば、nanacoを使わなくても間接的にクレジットカードで収納代行の支払いができるようになる。

財布の中身を少しでも減らしたいミニマリストには非常に嬉しいポイントだ。

そのほか、FamiPay限定の割引クーポンがもらえたり、商品やクーポンと交換できるスタンプが貯まるといった機能もあるので、日常的にファミマを利用している人はインストールしておいて損は無いだろう。

FamiPay(ファミペイ)のデメリット

デメリットとしては、残高をチャージできるクレジットカードがファミマTカードのみであること。

いつもKyashなどの高還元率のカードを使っているので、これらのカードを設定してチャージできないのは非常に残念だ。

また、収納代行での利用以外では、PayPay・LINE Pay・Origami Payなどを使った方が還元率が高いので、他のPayサービスと比較すると活躍する場面がほとんど無いだろう。

まとめ

FamiPayは還元率が0.5%と低い上に、利用できる店舗が限られていたり、ファミマTカード以外でのチャージができないなど、残念な面も多い。

しかし、収納代行の支払いができるという唯一の利点とポイントカードの提示が不要というスマートさを備わっているので、使い勝手はかなり良さそうだ。

今後、他のクレジットカードでもチャージができるようになるなど、より良いアプリへと改善されることを願って、僕もこれからFamiPayを使っていこうと思う。

えふぃる
えふぃる
ファミッペのグッズが今後出てきそう
この記事のURLとタイトルをコピーする
  
こちらの記事もおすすめ