# カメラレンズ

心を奪われる描写力。FUJIFILMの単焦点レンズ『XF35mm F1.4 R』レビュー

いつかFUJIFILM(富士フィルム)のミラーレスカメラを手にした暁には、必ず使いたいと思っていたレンズがありました。

その名も『XF35mm F1.4 R』という単焦点レンズです。

2012年に発売された古いレンズですが、その描写力の高さから「神レンズ」と評されるほど、今なお多くのユーザーに愛されている魔法のレンズです。

実際に使ってみたところ、世間の評判通りに素晴らしいレンズだと感じました。

このレンズ1本さえあれば十分と思わせるほど、立体感のある素晴らしい絵を写し出してくれました。

開放で撮った時のとろけるようなボケやピント面の解像感が堪らないぐらい好み。

そんな描写力が魅力の『XF35mm F1.4 R』について、作例も交えてレビューしていきます。

角形フード付きの外観がクラシカルで最高にカッコいい

まずは外観レビューから。

XF35mm F1.4 R』は、F1.4という大口径ながらも手のひらに収まるサイズ感で、レンズ重量も(フード・フィルター抜きで)約187gと比較的コンパクト!

レンズを持ってみると、金属のひんやりとした質感の手触りと適度な重さが、確かな品質で製造されていることを感じさせてくれます。

漆黒のボディに、絞り値が白字で刻印されているのが最高にカッコ良くて、角形フードをつけるとクラシカルな雰囲気がさらに高まります。

一緒に購入した『X-T30』のボディと合わせても相性抜群で、見た目だけでも満足できてしまう、そんなレンズです。

ちなみに、傷防止のためにKenkoのフィルターを装着しています。

約53mm相当の使いやすい画角で世界を切り取れる

XF35mm F1.4 R』は、35mm換算すると約53mm相当の画角となります。

実際に眼で見る景色からひとまわり狭い画角で、適度に景色を切り取ってくれます。

被写体に寄ればモノ撮りやポートレートとして使えるし、遠くにカメラを向ければ風景を写し出せる、そんなちょうどよい画角。

ズームレンズのように画角の自由は効かないけれど、自らが動く事で自分が見ている世界をそのままの形で切り取ることができる使い勝手の良いレンズだと思います。

程よいクリック感のある絞りリングの操作性が気持ちいい

FUJIFILMのXシリーズのレンズには、絞りレンズが付いていて、基本的にはこのリングで絞りを変更することになります。

初めはこれが慣れなかったというか、わざわざ左手で操作しなければならないのを不便に感じていました。

でも、この操作に慣れてくると、カメラの電源を入れてなくても絞り値を変更できるのが、こんなにも便利なんだってことに気付きました。

また『XF35mm F1.4 R』の絞りリングは、硬すぎずカチカチと軽やかに操作できます。

これが気持ちよくて、ついつい弄ってしまうほど。

ぜひ、このクリック感を試してみてほしいですね。

『XF35mm F1.4 R』の作例

作例を十分にお見せできるほどまだ使い倒してないのですが、数枚ピックアップして紹介していきたいと思います。

カメラの腕は初心者レベルなので、あくまで参考までにしていただければ幸いです。

※作例は随時追加していきます。

『XF35mm F1.4 R』を使っていて気になる点

  • AF速度が若干遅い
  • 駆動音がガーコガーコとうるさい
  • 防塵・防滴仕様ではない

この3点については、多くのユーザーに指摘されているように、確かに気になるところではあります。

ただ、AF速度の方は思っていたより悪くはないです。

暗所や動きがある被写体を撮る時は若干ピントが迷うものの、最新のAF機能を搭載した『X-T30』を使っているからか、世間で言われているほどAFが遅いとは感じませんね。

しかし、駆動音の方はかなりデカいです。

というのも、『XF35mm F1.4 R』は画質を最優先した「全群繰り出し」というフォーカス方式を採用しているからです。

レンズ全体を動かしてフォーカシングするので、フォーカス位置による各種収差の変化が少なく、高画質化しやすいといった特徴がある反面、AFを合わせるのに時間がかかるのと高い駆動力を必要とするため、駆動音が大きくなってしまいます。

これも画質のためだと思えば仕方ないですが、静かな場所で撮る時や動画で使うときには向いてないかもしれません。

また、防塵・防滴仕様ではないので、使うシーンを選ぶ点もデメリットかなぁと思います。

そんな、ちょっとクセのあるレンズですが、ハマった時の描写力には思わず心を奪われてしまいますね。

まとめ

XF35mm F1.4 R』は、F1.4の大口径を活かしたボケ感のある写真から、解像感のある絞ったシャープな写真まで、様々なシーンで使える素晴らしいレンズです。

歪みが少ない高画質な絵を写しだしてくれるシーンに応じた使い方ができる上に、素晴らしいレンズです。

特に、ふわっとした柔らかい雰囲気を演出してくれるのが、このレンズならではの魅力です。

一方で、AFが若干遅かったり駆動音がデカい、非防塵・防滴仕様といった気になる点もあります。

もし、上記のデメリットが気になるようなら『XF35mm F2 WR』というレンズをおすすめします!

静かな爆速AFと防塵・防滴を搭載しているのにも関わらず、価格は3万円程度とコスパは最高です。

CMを挟んだところで、総じて『XF35mm F1.4 R』は決して完璧なレンズとは言えないですが、そこが愛らしいと言うか、愛着が湧いちゃうポイントなんですよね。

そんな『XF35mm F1.4 R』のレンズと『X-T30』のボディの組み合わせで、人や風景などを切り取って、想い出として大切に残していけたらなぁと思います。

この記事のURLとタイトルをコピーする