riccla
# カメラ

クラシカルな外観が魅力。ミラーレスカメラ『FUJIFILM X-T30』レビュー

ブログ用の写真を撮ったり、旅行などに出掛ける際に使える「オシャレでコンパクトなミラーレスカメラが欲しいなぁ」と前々から思っていたのですが、ついにゲットすることができました。

ミラーレスといえば、SONYの『αシリーズ』が1番メジャーかもしれませんが、色々検討していた中で最後に僕の心を掴んだのが、富士フィルム(FUJIFILM)の『X-T30』でした。

購入の決め手は、そのクラシカルな外観とコンパクトさをうまく両立したデザインが気に入ったのと、上位機種『X-T3』と同等の機能を備えながらも、(X-T3と比較して)金額が安くてコスパが高いという2点です。

そんな『X-T30』を手にしたファーストインプレッションを記事にしてみたので、見てもらえると嬉しいです!

富士フイルム FUJIFILM X-T30
created by Rinker

見惚れるほど美しいクラシカルで精巧なつくり

まずは外観のレビューから。

X-T30』の魅力は、何と言ってもこのクラシカルな雰囲気の見た目。

フィルムカメラを彷彿とさせるアナログ式のダイヤルや、レトロ感の漂う直線的なデザインが実に美しいです。

小さなダイヤルに細かい文字がギュッと詰め込まれているところなんか、最高に好きなんですが共感できる人いますかね?笑

また、写真では伝わりづらいかもしれませんが、ザラっとした質感の金属部分がとてもカッコいいのです。

トップ・ボトムプレートやダイヤル・レバー各種にはすべて金属製パーツが使われているので、同価格帯のミラーレスと比較しても確かな高級感があります。

それでいて、ボディは非常にコンパクト!

重量も383gとかなり軽量で、気軽に持ち歩けるのも嬉しいポイントですね。

珠玉のレンズ『XF35mm F1.4 R』を装着してみた

X-T30』と同時に購入したのが、こちらの『XF35mm F1.4 R』という単焦点レンズ。

フジノンレンズの中でも特に評判が名高いレンズで、艶のある描写力はピカイチとのこと。

F1.4という大口径ながらも手に収まるようなサイズ感で、コンパクトな『X-T30』にも良く似合っていますね。

防滴・防塵仕様ではないものの、レンズフードまで金属仕上げという拘りよう。

写りが気になるところですが、『XF35mm F1.4 R』の詳細についてはまた別途レビューしたいと思います。

富士フイルム FUJIFILM FUJINON XF35mm F1.4 R
created by Rinker

グリップはかなり浅め

X-T30』はボディがコンパクトな分、かなりと言っていいほどグリップが浅め

試しにシャッターを切ろうとしてみたところ、片手では上手くカメラを支えきれなかったので、安定感を保つには左手を添えた方がベターです。

不意のシャッターチャンスや片手でさっと撮りたい時などに、機動性に欠けるのがちょっと不便かなぁ…と思います。

左手を添えてじっくり構えて撮る場合には、全然問題ないですけどね。

しばらく使ってみて、しっくり来なかった場合には外付けグリップを購入してみます。

富士フィルム FUJIFILM メタルハンドグリップ
created by Rinker

多彩な機能と使いやすさを両立した『X-T30』

次は機能面について。

X-T30』はそのコンパクトなボディながら、便利な機能がてんこ盛りに詰まっています。

全ては紹介しきれないので、個人的に気に入った機能をいくつかピックアップ!

表現力の幅を広げる「フィルムシミュレーション」「アドバンストフィルターモード」機能

フィルムシミュレーション」「アドバンストフィルターモード」は富士フィルムXシリーズならではの色再現機能で、その最新技術が『X-T30』にも搭載されています。

「フィルムシミュレーション」では、シーンに応じた色調(色彩の濃淡・強弱)や階調(柔らかさ・硬さ)をコントロールすることができ、まるで本物のフィルムを選んで撮るような感覚が味わえます。

16種類ある中でも、個人的には「クラシッククローム」がお気に入り!

シャッターを切るだけで彩度を抑えられた雰囲気のある写真が撮れます。

もう1つの「アドバンストフィルターモード」では、トイカメラ風や特定色以外をモノクロにするなど、遊び心のある写真が撮れます。

場面に応じて活用することで、誰でも簡単に表現を幅を広げることができますよ。

素早いAFとタッチ操作によるフォーカス調整が便利

X-T30』にはチルト式タッチパネルモニターが備わっていて、タッチ操作でフォーカスを合わせたりシャッターを切ることができます。

これがかなり便利で、ファインダーを覗きながらでも右手親指のタッチ操作でフォーカスポイントをスライドできます

タッチ反応も悪くなく、画面のかなり端の方まで自由にフォーカス調整できるので、狙ったところにピントを合わせられます。

また、AFのスピードも体感ではかなり速いので、AFが遅いと言われているレンズ『XF35mm F1.4 R』との組み合わせでも、ストレスフリーな撮影ができますよ。

ちなみに、タッチ操作のほか新たに備わった「8方向レバー」でもAF調整が可能ですが、ボディのかなり下の方にあるので、正直操作はやりづらいです…。

もう少し上にあれば使い勝手が格段に良くなると思うので、ここは新モデルに期待ですかね。

タッチ操作が苦手な人は、こっちのレバーを使うのも全然アリかと思います!

USB-Cケーブルで充電が可能

X-T30』はUSB-Cケーブルでの充電に対応しています。

micro USBでの対応が多い中、高速充電が可能なUSB-Cポートが備わっているのはポイント高いですね。

USB-Cは表裏の向きに関係なく挿せるのが地味に便利なんですよね。

もちろんモバイルバッテリーを繋いで充電することも可能です。

ただ、バッテリーの持ちはあまり良くないので、予備バッテリーを一緒に買っておいた方が良さそうです。

『X-T30』のファーストインプレッションまとめ

こんな感じで、ざっと『X-T30』を触ってみた感触をレビューしてみました。

X-T30』は、外観デザインが本当に素敵で「常に持っておきたい」と思わせるくれるようなカメラです!

機能はもちろんのことですが、外観デザインも写真を撮るモチベに影響してくるので、結構重要な要素だと思っています

グリップが浅い点や8方向レバーの位置が悪いなど気になる点はあるものの、その辺は腕を磨いて技術でカバーしていこうかなと。

実際に使っていく中で、使い勝手の良いところ・悪いところなどが分かってきたら、また改めてレビューしたいと思います。

あと、街中スナップなんかの作例もたくさん紹介していきたいなぁ。

2020年これからの相棒として、しっかり使いこなせるように『X-T30』を可愛がっていきます!

もし『X-T30』が気になった人は、ぜひ店頭などでチェックしてみてください!

えふぃる

フジレンズ沼に嵌まらないように注意します

富士フイルム FUJIFILM X-T30
created by Rinker