# 旅のあとがき

パワースポットの宝庫!ハワイ島を横断する大巡礼ツアーに参加しました|ハワイ旅行記#3

ハワイに来てから3日目ということで、少しずつこちらの生活にも慣れてきたような気がします。

とは言ったものの、やはり早起きはツラい…。笑

昨日は星空観察ツアーに参加したのもあって夜1時過ぎ寝たんですけれど、今日はまたツアーの関係で朝6時にはホテルを出発というスケジュールになっています。

我ながら、中々ハードなスケジュールを組んでしまったなぁと後から思いました。

今回申し込んだのはハワイ島大巡礼ツアーで、団体バスでハワイ島をほぼ1周しながら、おすすめのパワースポットを巡っていくという内容でした。

ツアーの所要時間は約13時間と恐ろしいぐらいに長時間でした。

それでは、ツアーの様子をレポートしていきます。

先に断っておくと、今回は写真少なめなので想像力をフルに働かせてください(ごめんなさい)。

2日目の様子はこちら↓

ハワイ島の最北端で朝日を浴びまくる

大巡礼ツアー最初の目的地は、ハワイ島の最北端。

朝早くに出発したこともあって、とても清々しい空気を味わいながらスタートしました。

さて、さっそく写真を撮り忘れていたんですが、最先端に向かう途中で、ハワイでは有名なカメハメハ王が運んだとされる大きな岩が道端に転がっていました。

人の大きさぐらいある岩だったので、ホントに運んだのかなぁと疑いましたが、ちゃんと案内看板も設置されていので、もし行く機会があったら注目して見てほしいです!

そんなこんなで、最北端に着きました。

朝日はすでに昇りかけていたんですが、眩しすぎるぐらいにギラギラな太陽の光が海に反射していて、とても綺麗でした。

右手の方には、青々とした山脈が広がっている様子を見ることができます。

特に何か特別なものがあるわけではないのですが、空と海の青と山々の緑のコントラストが美しくて、眺めているだけでも気分がスッキリしました。

しばらく朝日を拝んだところで、来た道を折り返しました。

本物のカメカメハ王像はハワイ島にいた

続いて向かう先は、先ほど見た岩を運んだとされるカメハメハ王の像。

この像は道に面したところに立っていて、実はさっき最北端に向かう途中に通り過ぎていたんですが、ガイドの巧みな話術により道の反対方向にあったお店の方に注意が注がれていたので、像の横を通ったことに全く気が付かなかったです。笑

やられたぜ…!

カメカメハ王の像はハワイ内に4つあるらしいのですが、ここで見たものが本物の像なんだそうです。

カメカメハ王と言えば、オアフ島にある金色の服を纏った像のイメージが強いと思いますが、それは後から作られた偽物とのこと。

金色ではなく黄色の服が正しいらしいです。

そんな王様の前で、みんな同じポーズをとって写真を撮っていました。

そんな感じ。

ハワイの名物グルメ「マラサダ」を食べる(朝食)

そういえば、朝6時に出発したので今日はまだ朝食を食べていませんでした。

あのフェアモントの豪華朝食バイキングを食べられなかったのが非常に悔やまれる。。。

と、ちょうどそんなことを考えていたタイミングで朝食タイムに。

朝食として食べたのは、ハワイの名物グルメ「マラサダ」でした。

マラサダとはいわゆる揚げパンみたいなもので、揚げたパンに砂糖がかかっているだけのシンプルな食べ物でしたが、これがなかなかうまい!

お腹が空いていたこともあり、ペロッと食べてしまいました。

一緒に味わったコナコーヒーとの相性も最高でした。

中に何も入っていないベーシックなやつの他に、中にクリームが入っているものもあるということで、何種類かあるうちの1つを食べさせてもらえました。

僕が食べたのはマンゴー風味のクリームが入ったものでしたが、僕にはちょっと甘すぎでした。

やっぱりベーシックが1番おすすめですね。

今回行ったお店の名前は忘れてしまったんですが、ハワイにはマラサダが人気のお店がいくつかあるようなので、ぜひチェックしてみてください。

落差135mのアカカ滝と七色の虹

続いて向かったのは、ハワイ島最大の滝が見られるアカカ滝州立公園。

すぐに滝が見れるわけではなく、植物が生え並んだ道をしばらく歩く必要があります。

背丈より何倍も大きい植物がいっぱい生えていて、自分が小人になった感覚を味わえました。

10分ほど歩いた先に、轟音を立てて水が流れ落ちるアカカ滝がありました。

落差は約135mと壮大な滝ですが、近くまで寄れるわけではなかったので、迫力感は正直そこまで感じられなかったですね。

でも、ラッキーなことに滝に虹が架かっているのが見れました!

なんかご利益ありそうですね。

でも写真には虹写ってないですね。うん。

ハワイでの定番クッキー「BIG ISLAND」の製造工程が見られる

続いて、休憩ポイントとして訪れたのは、ハワイの定番お土産にもなっている「BIG ISLAND」の本社。

ここでは、お土産の購入をはじめ、製造工程を見ることもできるが特徴です。

店内に入ると、クッキーとコナコーヒーの試食試飲をさせてもらえました。

さすが定番というだけあって、美味しかったです。

また、本店ということで他で買うよりも安く購入できる商品もありました。

ええ、もちろん買いましたとも。

ちょうどハロウィンの季節…?(まだ9月末だったけど)だったので、店舗がハロウィン仕様になっていて、季節限定のクッキーもありました。

ハワイでもハロウィンはあるのね。

30分ほど店内を見て回りました。

とあるスーパーで昼食を購入

写真を全く撮ってなかったので、なんの店に行ったのかも正直よく覚えていないのですが、スーパーみたいなところで昼食を購入しました。

バイキング形式で好きな具材を容器に入れて、バスの車内で食べた。

取ったものが悪かったのか、口に合わないものがいくつかあった。

そして昼食を取りながら、バスはキラウエア火山へと進む。

写真では伝えきれないスケール感を味わえるキラウエア火山

「はいここから3分間、視線を右だけに向けてください。決して左は見ないでください。」

という車内アナウンスで目が覚めた僕は、危やく左を向きそうになりつつも、視線を右にやる。

左を向くとちょいネタバレになるらしい。

見るなと言われたら見たくなるのが自然の摂理。

でも、とっておきはとっておきたいからなんとか我慢した。

いったいどんな風景が待ち構えているのだろうか。

期待が期待感を向上させる。

バスから降り立って少し歩いたところで、またガイドの人からの指示が。

「僕が良いと言うまでは、決して前を見ないで下だけ見てて。」

なっ!

「えらいもったいぶるじゃねぇか…!」と思いつつも指示に従う。

そして、指定の位置まで辿り着き、開放の指示があったので、前の方を見て目を開けた。

残念ながら写真では、このスケール感は伝わらないだろう。

ただただ、圧倒された。

僕が行った時には鎮火している状態で、少し前までは噴火してマグマが噴き出ている様子も見れたそうだ。

1秒毎に変化していく。

その時にしか見られないという景色を、瞼の奥にしっかり焼き付けて、火口を後にした。

その後に、溶岩の上で寝っ転がるという体験をすることに。

火口から車で少し移動したところに、溶岩が流れ固まったスポットがあった。

溶岩にはケイ素というガラスのような成分が多く含まれているので、下手に触れるとケガをする恐れがあるから気をつけよう。

実際に寝っ転がってみると、遠赤外線効果かほんのり温かい。

でも硬いし、ケガしそうで怖いので、寝心地はイマイチかな。

神秘の黒い砂浜「プルナウ黒砂海岸」でウミガメとの再会

本ツアーで最後に訪れるスポットは、黒い砂浜が異様でもあり神秘的なプルナウ黒砂海岸。

細かく砕けた溶岩によって黒くなった砂浜は、火山活動が活発なハワイ島ならではの光景だ。

地味といえば地味なのだが、海の青が濃く見えて、シックな景色が楽しめる。

しかも、またまた幸運なことにウミガメを発見!

さすがパワースポット巡りのツアーということで、お後がよろしいようで。

しばらく海岸線を眺めた後、帰路につくことに。

ホテルに帰るまでの途中、海に沈む夕日を眺めることができた。

ルースズ・クリス・ステーキハウスで最高にステーキを味わう

帰りのバスの中で、ガイドさんにおすすめの肉料理店を聞いたところ、ルースズ・クリス・ステーキハウスという店の「リブアイ」というステーキが良いよ!と教えてもらったので、行ってみることに。

このお店があるのは、もう皆さんご存知の我らが「ザ・ショップス」。

本旅行記で3回目の登場だ。

準レギュラーにしてあげよう。

さっそくメニューを見てみると、確かにあったぞ、リブアイ君。

しかしステーキのグラムを見てみると約450g!!

かなりのボリュームを覚悟していたが、そろそろハワイの生活にも慣れてきているので大丈夫だろうということで、注文してやった。

嫁は「プチ・フィレ」を注文していたが、そちらも約200gとどこがプチなのかと問い詰めたくなる中々の量。

こちらがリブアイだ。

写真ではそれほど大きくないように見えるが、目の前にすると自分の顔ぐらいのサイズ感はあった。

食べてみると、脂の旨味が詰まっていてめっちゃうまい。

嫁のフェレもあっさりで柔らかくて食べやすかった。

しかし、流石にこの量。

ちょっとだけ残してしまいました!!!

ほんとすいません!!!

2口分ぐらいなので許して。。。

その日の夜、腹痛に悩まされ寝付けなかったのは言うまでもない。

ハワイ旅行3日目まとめ

早いもので3日目が終了。

オプショナルツアーに参加していると、あっという間に1日が終わってしまう感覚に陥る。

でも、それだけ充実しているということなのだろうか。

途中で解説はしていなかったが、ガイドの方が知識が豊富で話術も優れていて、約13時間にわたるバスツアーだったけど、退屈することなく楽しめたのが良かった。

観光はやっぱりガイドがあると、理解度が全く変わってくると思う。

ホントのところはガイド無しでブラブラ観光するのが好きだけど、たまにはこういうのも良いよね。

ちょっと疲れるかもしれないけど、ハワイ島を1周できる楽しいツアーなので、興味があれば参加してみてはいかがだろうか。

そんな感じ!

次回予告:いざ!観光の聖地・オアフ島へ

4日目は、いよいよハワイ島から移動してオアフ島へ向かうことに。

雄大な自然が現存するハワイ島はすごく居心地が良かったが、オアフ島はどんな感じだろうか。

オアフ島でも色々スケジューリングをしているので、引き続きハワイ旅行を楽しんでいこうと思う。

それでは次回の更新をお楽しみに!

こちらの記事もおすすめ