# 旅のあとがき

記念にフォトウェディング!かけがえのない想い出が詰まった特別な1日|ハワイ旅行記#5

ハワイ旅行の5日目は、僕にとって生涯忘れることのできない思い入れの深い1日になりました。

この日は、午前中にハワイ州最大の祭り「アロハ・フェスティバル」を観覧し、午後はこの旅行の最大の目的でもあるフォトウェディングを体験。

どちらも、この日だからこそ体験できたものだったので、特別感をひしひしと感じることができました。

フォトウェディングについては、この日しか予約が空いてなかっただけなんですが…。笑

それでは、さっそく当日の様子をレポートしていきます。

4日目の模様はこちら↓

ハイアット・リージェンシーのJTBルアナラウンジで朝食をいただく

旅行の楽しみの1つが、ホテルでの朝食。

ハワイ島で泊まったフェアモントの朝食は最高に優雅だったので、ハイアットの方も期待していたのですが…。

今回JTBで旅行の手配してもらった特典として、ハイアット内にある「JTBルアナラウンジ」が利用できると事前に聞いていたので、そこで朝食をいただきました。

JTBルアナラウンジ自体は清潔感があって綺麗なところだったんですが、肝心の味は「うーん」でしたねぇ…。

バイキング形式で、サラダからベーコンなどのミート系、ポテト、パン、マフィン、白ごはん、味噌汁などバラエティには富んでいました。

きっと、クオリティもそこそこ良いんだろうけど、フェアモントと比較するとかなり残念な感じでした。

あまりの落差に、思わず写真を撮り忘れてしまったぐらいです(ごめんなさい)。

でも、ルックJTBの宿泊者は無料で利用できるので、お金をかけずホテル内で朝食を食べたいという人や日本食が恋しくなった人は利用してみてください。

僕は明日から違う店に行きますが。笑

年に1度開催される「アロハ・フェスティバル」のパレードを楽しむ

実はこの日の午前中は何をしようか、旅行計画段階では決めていなかったのですが、たまたま「アロハ・フェスティバル」のパレードなるものが開催されるとのニュースを聞いたので、せっかくだからと見てみてることに。

「アロハ・フェスティバル」は毎年9月に開催されるハワイ州最大の祭りで、ハワイの伝統文化をたたえ、独自の音楽や踊り、歴史を後世に伝えることを目的としているそうです。

2019年には73回目の開催を迎えたそうで、かなり歴史のあるイベントですね!

僕たちが今回見たのは「フローラル・パレード」というアメリカで3番目の規模と言われるパレードで、「アロハ・フェスティバル」のメインイベントでもあるみたいですね。

パレードはだいたい朝9時頃から始まりました。

道端に座って観覧していたのですが、かなり間近に見れて良かったですよ。

生のトロピカルフラワーで飾られたゴージャスなフロート(山車)に、レイや美しい衣装を着けて馬に乗った女性騎手「パウライダー」、マーチングバンドなどが練り歩いていました。

「走る机」みたいなのがやって来たのが、個人的にツボでしたね。

これはちょっと乗ってみたい!笑

1時間ほど見てたらちょっと飽きてきちゃったので、海辺を歩いてみることに。

と、空を見ると虹がかかってました!

なんか幸先いいですね。

さすがワイキキといった感じで、朝から人が多いですね。

ダイヤモンド・ヘッドも見れました。

海も色が濃くて綺麗。

そろそろ時間が迫ってきたので、一旦ホテルに戻りました。

ハワイで1生に1度のフォトウェディングを

今回はフォトウェディングは「アメリカンホリデーズ」という会社にお願いしていました。

アメホリは、顧客満足度がここ数年No.1で、写真が綺麗な割に金額もお手頃という理由で選びました。

色々あるプランの中から、僕たちは1番人気の「オリジナルビーチフォトプラン」でお願いしていました。

税込59,000円から体験できるので、かなりリーズナブルですね。

予約した時間は16時からだったのですが、準備に1時間半ほどかかるので、2時半頃にスタッフの人がお迎えに来てくれました。

アメホリの事務所に着くと、まずはウェディングドレス選びから始まりました。

メイクなども含めると時間があまり無かったので、急ピッチでドレス選びをする必要がありました。

ドレスは200種類ほどあって、選ぶのが結構大変でしたね。笑

ここで注意点ですが、ドレスの中には追加費用のかかるものがあります

デザインが良いなと思ったドレスは全部追加料金がかかるものだったので、基本追加料金がかかるものだと思っておいた方が良いかもしれません。

候補として3着まで絞ったので、1つずつ試着してみました。

ドレスってどれも同じように見えるのですが、実際に着てみると雰囲気が全然違いますね。

嫁と相談しながら、なんとかドレスを選ぶことができました。

嫁がメイクアップに入ったので、次は自分のコーディネートを選びました。

男性の方はそこまで選択肢がないので、選びやすかったです。

僕は背丈が大きい方ではないのですが、小さいサイズもちゃんとありましたよ。

時間がとにかく無かったので、忙しなかったのですが、無事着替えとメイクアップが完了しました。

いよいよという感じで緊張が高まって来ました!

さっそくビーチまで移動すると、すぐさま撮影が始まりました。

今回撮影をしてくれた人は男性で、名前は忘れてしまったのですが、とても拘りの強い人でした。

ポージングや笑顔にかなりシビアで、顔が引きつりながら背骨がつりそうになりながらも、なんとか撮影を終えることができました。

撮影自体は1時間弱でささっと終わったんですが、とにかく暑くて汗が止まらなかったですね…。

心の中で「ちょ〜涼しい〜」と叫んでいましたが、ツーっと自然に流れてしまうものは止められなかったです。笑

カメラマン的には汗もNGだったので、かなり苦労しました。

でも、これだけ拘りのある人なら、きっと良い写真を撮ってくれているだろうも期待できました。

これは嫁のソロ撮影の時ですね(嫁かわいい)。

で、後日届いた写真データがこちら。

なかなか良い感じに撮れてるんじゃないでしょうか!

(顔出しNGのため、後ろ向きでごめんなさい)

今回はフォトアルバムもお願いしていて、ハワイ旅行から約1か月後に自宅に届きました。

写真データももらうことができて、ハワイ滞在中にDropBoxで送ってもらうか、DVDで後日郵送してもらうかを選ぶことができます。

特に急いでいるわけではなかったので、フォトアルバムと一緒に送ってもらいました。

すぐに写真をシェアしたい人は、DropBoxを使いましょう。

ちなみに、もらえる写真データは100枚ほどで、ファイルサイズは1枚4MB程度とそこまで大きくはないです。

ワイキキ・ビーチで思う存分泳ぎまくる

無事に撮影が終わってホッとした僕たちは、気分転換に泳ぐことにしました。

緊張の糸が解けたので、気分は超開放的。

ワイキキの海へと踊り出しました。

波が結構荒くて、泳ぐだけでも楽しかったですね。

浅瀬がしばらく続いているので、沖の方に出ても足がついたので安心して泳げました。

波に呑まれた時に、うっかり海水を飲んでしまったんですが、めちゃくちゃしょっぱかったですね!

(写真に写ってる黒い影が僕らしいです)

海ってこんなしょっぱかったっけなぁ。

喉がやられるぐらい塩分が強いので、泳ぐ際はお気を付けを…。

なんだかんだ2時間近く泳いでいたら、夕陽が差してきました。

海の上で眺める夕陽の格別さと言ったらなんとやら。

これも良い思い出になりました。

大人気のレストラン「ザ・チーズケーキ・ファクトリー」に行ってみた

泳いで身体を動かしまくってお腹が減ったので、ディナーを食べに夜の街へと繰り出しました。

何が良いかなぁと街中を散策していたところ、長蛇の列ができているお店がありました。

そこは「ザ・チーズケーキ・ファクトリー」というチーズ料理で有名な店でした。

予約をしようと列に並んでいたのですが、建物の中に入ってもかなりの行列が続いていて、受付までに20分ほどかかりました。

予約をすると、2時間弱待ちとのこと!

すごい人気ですね。

せっかく予約したので、しばらく近くをブラブラして待つことに。

近くにあったアロハシャツをお店を色々巡ってみたんですが、また目ぼしいものは無く…。

このままアロハシャツを着ることなく、日本に帰ってしまうんじゃなかろうか。笑

で、しばらくして店に戻ると、予定よりちょっと早く席に座ることができました。

それでも1時間半は待ったかなぁ。

このレストランでは、テーブルごとに担当のスタッフが決まっているそうで、その担当にメニューを頼まないといけないらしいです。

500席以上もある広い店内ということもあって、中々担当のスタッフが近く現れなくて、注文するのさえも一苦労しました。

15分ほど経った頃に無事に担当を捕まえれたところで、まずはお酒(モヒート)を注文して、嫁と2人でカンパイ。

「今日は色々とお疲れ様でした」

会場内では、ギターとベースの2ピースバンドによる生演奏をしていて、心地よいBGMとして楽しめました。

曲が終わると、みんなて拍手したり、会場内一体となって盛り上がっていて、言葉は通じないけど、心が通じ合ったというかそんな心地良い雰囲気が漂ってました。

気になるメインディッシュに僕が頼んだのは、ハワイアンピザ。

パインやベーコンなどが乗ったトロピカルな一風変わったピザでしたが、パインの酸味が効い他さっぱりとした味わいで美味しかったですよ。

嫁はサーモンのムニエル的なものを頼んでいましたが、サイズが超ビッグ。

切り身なのに30cmぐらいの幅があったような気がします…!

ボリューム満点ですが、人気店なだけあって、味も満足できるものでした。

今回21時ぐらいに行ったのですが、それでもかなりの人だったので、開店の17時に目がけて行くか、もっと遅めに行くことをおすすめします。

ハワイ5日目まとめ

今回は、ハワイ5日目の模様をお届けしました。

月並みな言葉でしか表現できませんが、ハワイでフォトウェディングが体験できて、本当に良かったと思います。

僕の友人の中にはハワイで挙式をした人もいるので、それと比べればフォトウェディングなんて大したものじゃないんですが、それでもやっぱり記念になることは間違いないです。

ちなみに今回かかった費用は、フォトプラン+フォトアルバム+ドレスなどで約17万でした。

一生の想い出をカタチで残せると思えば、そこまで高いものじゃないと思いませんか。

大切な人との大切な時間を、ぜひハワイで堪能してみてください。

次回予告:絶景のビーチに出会えるカイルアへ

次回は、オアフ島の北東側「カイルア地方」へ向かいます。

カイルアは今や、全米ベストビーチにも選ばれた「カイルアビーチ」や天国の海と評される「ラニカイビーチ」がある、SNS映え必至の人気スポットになっています。

そんなカイルアを1日かけて散策した様子をお届けします。

それでは次回の更新をお楽しみに!

追記;更新しました

えふぃる
えふぃる
あのカメラマン、かなりスパルタだったけど腕は良かったです
この記事のURLとタイトルをコピーする
  
こちらの記事もおすすめ