# 旅のあとがき

まさしく天国の海!カイルアの全米No.1の絶景ビーチを散策|ハワイ旅行記#6

ハワイ旅行もいよいよ6日目になりました。

翌日は朝イチで出国するので、ハワイで1日中過ごせるのはこの日が最後。計画段階でどこに行こうか迷いに迷っていたのですが、最後は「やっぱりビーチを見よう」ということで、行き先はカイルアに決めました。

カイルアは全米No.1に輝いたことのある「カイルアビーチ」や「ラニカイビーチ」の絶景ビーチが集まっている人気のスポットです。

それでは、美しい景色の数々をお楽しみください。

5日目の模様はこちら↓

ハレクラニで開放的な朝食タイム

まずは朝食のレポートから。

前日に行ったハイアット・リージェンシーのJTBルアナラウンジの朝食があまりにもイマイチだったので、今日は高級ホテルと名高いハレクラニの朝食を召し上がってみることに。

ハレクラニには宿泊者以外でも利用できるラウンジ「ハウス ウィズアウト ア キー」があります。

実はJTBの特典としてハレクラニの朝食券を貰っていたので、通常$32ほどかかる朝食が無料になりました。

ブッフェスタイルで料理が楽しめ、開放的なテラス席ならではといった感じで視線の先にはワイキキの海やダイヤモンドヘッドが望めます。

料理はパンやケーキ類、フルーツの種類が多かったですね。白米・味噌汁など日本食もありました。

味のクオリティはまずまずといった感じでしたが、雰囲気を堪能するという意味では居心地はすごく良い場所でした。

なんだかんだ1時間ぐらいは滞在してたかも。

JTBのバスでカイルアへ

JTBの特典でカイルアへの無料シャトルバスが利用できたので、バスの乗車場所へと移動しました。

今回の旅行ではJTBの特典がかなり役に立ってますね。

約1時間ほどかかってカイルアタウンに到着しました。

ワイキキのような都会的なイメージから一転して、ローカルさを感じるストリートが広がっていました。

僕はこういう雰囲気のところの方が好きですね。

カイルアタウンを巡るのは後回しにして、まずはビーチへと向かいます。

レンタサイクルで絶景ビーチを目指す

カイルアタウンからビーチまではそれほど離れていません。

徒歩でも1時間ぐらいで行ける距離なんですが、気温が高くて歩くにはちょっとしんどい…。

ということでまずはレンタサイクルを借りることにしました。

カイルアタウン内にはいくつかレンタサイクル屋がありますが、僕たちは「ザ・バイク・ショップ」に行きました。

ここは4時間で$15とレンタサイクルの中ではリーズナブルで、店員さんも日本語対応ができるので初めてレンタルする人にもおすすめです。

自転車もしっかり整備されていて、盗難などの保険をオプションで付けることもできます。

ただし、支払いは全て現金のみなのでその点は注意してください。

もし電動自転車に乗りたいう場合には「ペテゴ・カイルア」に行くと良いでしょう。

自転車に乗るのは大学生以来だったんですが、あの颯爽感はやっぱり良いですね。

ハワイのカラッとした気候の中を自転車で駆け抜けるのはなんと気持ちの良いことか。

レンタサイクルを借りて大正解でした。

天国の海の名にふさわしい「ラニカイビーチ」

30分ほどゆっくりと自転車を漕いだ先に「ラニカイビーチ」がありました。

道の途中に「カイルアビーチ」がありましたが、そこは後ほど紹介します。

ラニカイビーチへの入口は民家と民家の間にあって、ちょっとした秘密基地のような狭い入口が期待を膨らませてけれます。

千と千尋の神隠しに登場するあのトンネルのような誘いを抜けた先には、まさしく絶景が広がっていました。

白っぽい砂浜と海の碧のコントラストが素晴らしく、天国の海という名にふさわしいビーチでした。

昔は人気の少ない隠れた名所だったみたいですが、人がわんさかいて今ではもうメジャー化していますね。

泳いでいる人も結構いましたが、「何もしない」をするのに最適なスポットだと思いました。

日陰に座って波音を聴きながらひたすらボーッとしただけなんですが、とても心地よいひと時を過ごせました。

いい景色を見ながらまったりするには最高のスポットだと思います。おすすめ。

全米No.1も頷ける「カイルアビーチ」

続いて向かったのは「ラニカイビーチ」に匹敵する美しさを放つ「カイルアビーチ」。

ラニカイからは自転車で5分ちょっとの距離にあるのですが、ビーチの様子が全然違いますね。

カイルアビーチの方が海の色が濃くて波も荒い感じ。

カイルアビーチはシャワーやトイレ,更衣室などの設備も充実していて、人もさらに賑わっています。

サーフィンをしている人が結構いました。

プカプカと2人の浮き輪が浮かんでいたのが可愛かったので思わずパシャリ。

ここでも1時間ほどボーッとしてからカイルアタウンに戻りました。

中身の無い内容ですみませんが、ただボーッとする時間こそが至高というか至福な時間だとその時は思いました。

ビーチで長居していたせいで、気付いたらレンタサイクルを借りてから4時間近くが経とうとしていました。

4時間プランで借りていて、時間を超過するとペナルティ料金が発生すると聞いていたので、大慌てでチャリを爆速しました。

しかし、運の悪いことに信号に引っかかりまくって、約10分ほどオーバーしてしまいました…。

まぁ仕方ないと思ってペナルティ料金を払う気でいたら、特に何も言われず返却処理が終わりました。

「いいのかな?」と思いつつも、その大らかな心遣いに感謝しながらその場を後にしました。

たまたまサービスしてくれただけかもしれないので、故意に遅れないようにしましょう。

ショップが宝庫のカイルアタウン

カイルアタウンはコンパクトにおしゃれなショップやレストランがまとまっていて、徒歩でも散策が楽しめます。

写真を全然撮っていなかったのでさらっと紹介。

まずは「ブルー・ラニ・ハワイ」というお店に行って念願のTシャツを購入。

その次に「ラニカイ・ジュース」でアサイスムージーを食べました。

これがめちゃくちゃうまかったです!

アサイーが濃くて、上のトッピングもバナナが盛りだくさんでハチミツも山ほどかけられていて贅沢なスイーツでしたね。

次は巨大スーパーの「ホール・フーズ・マーケット」に行きました。

特に何か買うわけではないけれど、見ているだけでも楽しいですね。

おっきなパイナップルが$1.09で売られていて、めっちゃ安い!と思いました。

そのあと「ソーハ・リビング」でお土産を色々と買いました。

そこでキルトの鍋敷きを購入したのですが、とってもキュート。

こちらの記事にちょっこり写っているので、気になる人は見てみてください。

最後は、18年連続ハワイBESTバーガー賞を受賞している「テディーズ・ビガー・バーガー」を訪れました。

さすが18年連続受賞しているだけあって美味しかったです。

ちょっと塩気が強めでしたが、マクドナルドなんかに比べると格別に味は良いです。

ここで、帰りのバスの時間になったのでホテルへと戻りました。

カイルアを出発したのは17時ぐらいでしたが、もうちょっと時間があればなぁと思うぐらい色々見るスポットがある場所でした。

今回は行けなかったですが、有名はパンケーキ店「ブーツ&キモズ」やオシャレなセレクトショップ「オリーブ・ブティック」など他にも見どころが満載です。

最後のディナーは「デュークス・ワイキキ」で

ホテルに戻った後、しばらくしてからディナーを食べに出かけました。

この日は日曜日だったこともあり、どこも混んでいてなんとか入り込めたのが「デュークス・ワイキキ」。

約1時間待ちでしたが、ワイキキビーチが目の前にあって雰囲気も良かったです。

カイルアで食べたハンバーガーがまだ腹に残っていてそこまで食欲が無かったので、サラダバーだけ注文しました。

味はまあまあと言った感じかな。

バイキングもそこまで品数があるわけでは無かったので、気に入ったものをリピートして食べました。

ほうれん草とパインが美味しかったですね。

ハワイ6日目まとめ

今回はハワイ旅行6日目の模様をお届けしました。

カイルアはワイキキほど都市化していなくて、ほどよいローカル感と絶景のビーチを見れるのがとても気に入りました。

事前にカイルアタウン内のどこに行こうか計画を立てていなかったこともあり、すべてを回りきれなかったのが悔い悩まれますが、行ってよかったと思えるスポットの1つでした。

それと、前半は色々とオプショナルツアーを申し込んでいたんですが、綺麗な景色をただ眺めて時間を過ごすのもある意味贅沢な旅行かなと思ったり。

そんな1日でした。

最終回予告:「ザ・ラベンダ」の朝食で旅を締めくくる

ここまで6回に渡ってレポートしてきたハワイ旅行記も次回が最終回となります。

最終日は朝10時ごろまでしか居られなかったので、あまりレポートすることはありませんが、最後のまとめ的な感想もあわせて紹介できればと思っています。

それでは次回の更新をお楽しみに!

追記:更新しました

えふぃる
えふぃる
ハワイで自転車漕ぐの超気持ちイイよ
この記事のURLとタイトルをコピーする
  
こちらの記事もおすすめ