# 旅のまえがき

ゼロからの準備。初めての海外「ハワイ旅行」に必要そうなもの・あったら便利そうなものをリストアップしてみた

今年の秋ごろに、嫁と2人でハワイ旅行に行く計画をしている。

いわゆるハネムーンと言うやつで、僕にとっては初の海外旅行となる。

もちもん海外旅行グッズなんて全く持っていないので、必要なものをこれからひと通り買い揃えようと思っている。

かと言って、無駄にアレコレ購入するもの勿体ないので、ハワイ旅行に必要そうなもの・あったら便利そうなものを一旦リストアップしてから、実際に購入するかを検討していこうと思う。

「ハワイ旅行」に必要そうなもの

ハワイに限らず海外旅行に行く際には、相当な準備が必要っぽいことが分かった。

僕の知っている国内旅行とはワケが違うらしい。

色んな旅ブログを読み漁りまくった結果、自分に必要そうなものが少し見えてきたので紹介していく。

リュックサック:MOLESKINE(モレスキン) THE BACKPACK TECHNICAL WEAVE

僕が持っているカバンと言えば、仕事で使っているブリーフバッグ以外に、2泊3日程度の容量のスーツケースしか持っていない。

大きいスーツケースを買い足しても出番が少ない上にかさばるのが嫌なので、汎用性の高いリュックで手持ちのスーツケースを補う形をとろうと思う。

数あるリュックの中で、機能性とデザインを考慮したところ候補に上がったのが「MOLESKINE(モレスキン) THE BACKPACK TECHNICAL WEAVE」だ。

耐久性の高いバリスティックナイロンを全体に使用し、背中に当たる面は通気性の良いメッシュ仕様となっている。

重さも約850gと比較的軽量なのもありがたい。

また、ミニマルなデザインで外側のポケットが少ないので、盗難に狙われる可能性も低いのではないかと考えている。

MOLESKINE TECHNICAL WEAVE
created by Rinker

サコッシュ:無印良品 撥水サコッシュ

常に重たいリュックを持ち歩くのはしんどい。

近場にふらっと出かける時には、必要最小限のものだけを持ち運べるバッグがあると便利だろうなと考えている。

そこで目を付けたのが「無印良品 撥水サコッシュ」だ。

1,000円以下と破格なのに、撥水仕様でデザイン的にもミニマルで使い勝手が良さそうな商品。

中に仕切りが無いのは残念だが、スマホ・財布・パスポート・モバイルバッテリー・ケーブル類ぐらいしか入れないだろうから問題は無いと考えている。

現物を間近で見ると、若干の安っぽさは否めないが、価格から見れば許容範囲だ。

追記:購入したよ!

モバイルバッテリー:Anker PowerCore II 6700

何気にモバイルバッテリーを持っていないので、これは買わなきゃいけないと思っている。

モバイルバッテリーとコンセントが一体化した「Anker PowerCore Fusion 5000」が便利そうだが、持ち運びするには少しサイズが大きくて、重量も189gと重め。

そこで、128gと軽量でコンパクトに持ち運べる「Anker PowerCore II 6700」が今のところの最有力候補だ。

旅行を終えた後の使い方も含めて、どちらにするか検討したい。

追記:購入したよ!

耳栓:サイレンシア フライト エアー

僕は飛行機に乗ると耳が猛烈に痛くなる特性を持っている。

国内の数時間程度のフライトならまだしも、1日中ともなると痛みに耐えられるか心配だ。

そこで見つけたのが「サイレンシア フライト エアー」である。

耳栓のような本体に付いている気圧弁によって、飛行機の離着陸時の急激な気圧変化による空気の流れを制御し、痛みが軽減できるとのこと。

実際に使ってみないと効果があるかは分からないが、レビューも悪くなさそうなのでこれはぜひとも買っておきたい。

サイズがSとMの2種類あり、どちらにしようか迷い中。

サイレンシア フライト エアー
created by Rinker

Tシャツ:Hanes(ヘインズ) BEEFY-T

今回6泊8日でのハワイ旅行を予定しているが、手持ちの私服をかき集めても4日分しか無かった。

そこで、以前購入して気に入った「Hanes(ヘインズ) BEEFY-T」を2枚ほど買い足そうかなと思っている。

BEEFY-Tは、コットン100%の肉厚なヘビーウェイト生地で、透けにくく丈夫で長持ちするのが特徴。

また、タグレスで縫い目の無い丸胴ボディを採用しており、シームレスな着心地が好感触だ。

1枚1,200円程度と比較的安価なのもおすすめのポイント。

「ハワイ旅行」にあったら便利そうなもの

続いて、絶対に必要では無いけれど、あったら便利そうだなと思うものを紹介していく。

圧縮バッグ:KINGOODS 圧縮バッグ

海外旅行といえば、帰路のお土産がかさばって大変なイメージがある。

そんな場合に役に立ちそうなのが「KINGOODS 圧縮バッグ」だ。

圧縮ジッパーを閉めるだけで簡単に圧縮でき、約50%も衣類スペースを圧縮できると言う優れもの。

また、2つのコンパートメントデザインで、綺麗な衣類と使用済みの衣類を仕分けることができるのも便利そうだ。

さらに、圧縮ジッパーに使われているのは安心と信頼No.1のYKK製で、耐久性は間違いない。

フットレスト:COOWOO フットレスト

長時間同じ体勢を続けていると起こりうるエコノミー症候群。

長時間のフライトでも足をリラックスした状態を保てるのが「COOWOO フットレスト」だ。

前方の座席に引っ掛けるだけの簡単取付、ベルト調節が可能な上に、折りたたんでコンパクトに収納ができる点もグッド。

初めての長時間フライトということで、リスク軽減のためにも持っていた方が安心感はある。

パスポートケース:Liberty-Z パスポートケース

パスポートやクレジットカード、航空券などをひとまとめにして管理できるパスポートケース。

その中でも良さげだったのが、柔らかな本革カウレザーを使用した「Liberty-Z パスポートケース」だ。

3枚分のクレジットカード・エアーチケット(eチケット)・札入れ・搭乗券&航空券入れが備わっており、収納力も充分。

マグネットによる開閉ができ、勝手にパスポートケースが開かないのも他にはない機能だ。

スキミング防止機能も備わっているそうだが、本当に付いているのかちょっと怪しいので購入に踏み切れない(付いていたらごめんなさい)。

バックハンガー:clipa(クリッパ)

海外ともなると、キズや汚れから守るためにバッグを地面に置きたくない場面があるかもしれない。

そんな時に役立つのが「clipa(クリッパ)」というバックハンガー。

リングの形状をしているので、使わない時はバッグの取っ手などに装着しておける。

スマートなデザインだが約15kgの耐荷重があり、荷物が多くても問題なく使用できそうだ。

用途からすると、ちょっと高価なのがネック。

でもデザインは非常に良き。

まとめ

いかがだっただろうか。

今回分からないなりに必要そうなものをリストアップしてみたが、もし実際に購入した際には個別レビューもしていく予定だ。

また、実際にハワイ旅行に行ってみて現地で役立ったものや、やっぱり必要だと感じるものがあれば、後日談として紹介できればと思う。

えふぃる
えふぃる
無事にハワイまで辿り着けるかが最大のミッション