# クレジットカード

QUICPay利用で20%還元!ソラチカもリクルートカードも対象のJCBキャッシュバックキャンペーンが開始!

JCBがApple Pay・Google Payを使った大型キャンペーンを開催する。

その名も「JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!」だ。

JCBグループ発行の個人カード、ビジネスカードを登録したApple Pay・Google Payにて、QUICPay・QUICPay+で支払うと、20%のキャッシュバックが受けられる。

還元の上限はキャッシュバック対象カード1枚につき10,000円で、複数枚のJCBカードを持っていれば1枚毎に1万円がキャッシュバックされるのがミソ。

例えば、JCBカードを5枚持っていれば、50,000円のキャッシュバックとなる。

正直言って、JCB凄すぎる。

しかも今回のキャンペーンは、新規ユーザーはもちろんのこと既存ユーザーも参加できるのが最&高。

さらに、キャンペーン期間は2019年8月16日(金)〜2019年12月15日(日)とめっちゃ長いので、JCBカードを持ってない人も今から作れば余裕で間に合う。

そんな超お得なJCBのキャンペーンについて、内容や注意点、おすすめのJCBカードなどを完全網羅して解説していく。

「JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!」の内容

本キャンペーンの実施期間は、2019年8月16日(金)~2019年12月15日(日)で、期間中に以下の3つの条件を満たすと、もれなく20%のキャッシュバックを受けられる。

  • Apple Pay または Google Pay をスマートフォンに設定
  • キャンペーン参加登録
  • Apple Pay または Google Pay を使う

すでにApple PayやGoogle Payに設定済みのJCBカードでもキャッシュバックの対象となるほか、本会員カードだけでなく家族カードも対象となる。

JCBマジ太っ腹!!

キャンペーン期間中のキャッシュバック上限は10,000円となり、最大50,000円分の買い物まで20%還元を受けられる。

JCBクレジットカード会員へのキャッシュバックは、2020年3月支払い分の「カードご利用代金明細」で、金額がマイナス表示となる方式で還元される。

当該月に支払いが無い場合は、設定口座に現金振込される。

JCBデビットカード会員へのキャッシュバックは、2020年4月お支払い分の「カードご利用代金明細」で調整され、当該月に支払いが無い場合は、同様に設定口座への振込となる。

JCBプリペイドカード会員へのキャッシュバックは、2020年3月31日(火)までに行われ、会員専用WEBサービス「マイページ」の「ご利用明細の確認」メニューの2020年3月分「ご利用明細内訳(チャージ・残高失効など)」欄で確認できる。

キャンペーン対象となるJCBクレジットカード

本キャンペーンの対象となるクレジットカードは、 JCBグループが発行する個人カード、ビジネスカードに限られる。

中でも、JCBクレジットカード、JCBデビットカード、JCBプリペイドカードのみが対象となり、 JCB PREMOは対象外だ。

また、利用者の多いリクルートカード、ソラチカカード、JAL・JCBカードもJCBが発行しているカードとなるので、キャンペーンの対象となっている。

JCBブランドの楽天カード、Yahoo! JAPANカード、ビックカメラSuicaカード、イオンカード、JALカードSuicaなどは、JCBが発行しているクレジットカードではないので対象外だ。

対象外のカード

  • JCBコーポレートカード
  • カード番号が「355」から始まるカード
  • みずほWallet
  • QUICPayモバイル
  • その他一部対象外カード

キャンペーン対象のおすすめクレジットカード

JCBグループが発行しているクレジットカードには様々な種類があるが、その中でもおすすめのカードを厳選して紹介しよう。

リクルートカード:1.2%の高還元率・nanacoチャージも可能

リクルートカード

僕の中で1番のおすすめは、JCBブランドのリクルートカード

年会費無料なのに、1.2%という驚異の高還元率を誇る素晴らしいカード。

Pontaポイントが貯まり、ローソンやじゃらん、昭和シェルなどの提携店で利用できる。

しかも、月3万円分までnanacoにチャージしてポイント還元が受けられる稀有なカードで、キャンペーン利用後も使い道があるので、1枚持っておいて損はないだろう。

\新規入会で最大6,000ポイント/

JCB CARD W:常にポイント還元率が2倍

JCB CARD Wは、18歳以上~39歳以下までの人のみが申し込める年会費無料のクレジットカード。

ポイント還元率が、入会後3ヵ月間は4倍(還元率2.0%)で、その後もずっと2倍(還元率1.0%)と、JCB一般カードよりも優位性が高い。

しかも、2019年9月30日(月)までの間にインターネットで入会すると、最大13,000円分のキャッシュバックやギフト券がゲットできるキャンペーンを実施中。

さらに!2019年12月30日(火)まで、入会後3ヶ月間は通常利用でもポイントが10倍(還元率5.0%)となるキャンペーンも実施中!

39歳までに申込めば、40歳以降も永年無料で利用できるので、この機会にぜひとも発行しておきたいカードだ。

\新規入会で最大13,000ポイント/

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB):ANAマイルが貯まる陸マイラー必須カード

通称ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)は、貯めたメトロポイントを0.9のレートでANAマイルに交換できる唯一のカード。

ソラチカルートを経由することで、大量のANAマイルを貯めることができるのがメリット。

ソラチカルート

さらにボーナス特典として、毎年1,000マイルがもらえるのも嬉しい。

飛行機でよく旅行する人に絶対的おすすめのカードだ。

\新規入会で最大36,100マイル+500ポイント/

QUICPay・QUICPay+加盟店での利用で20%キャッシュバック

本キャンペーン対象のカードを、Apple PayまたはGoogle Payに登録して、日本国内のQUICPay(クイックペイ)、QUICPay+(クイックペイ プラス)加盟店のリアル店舗で利用することで、20%キャッシュバックがもらえる。

QUICPayを利用可能なリアル店舗は、QUICPay公式サイトで確認できる。

少額決済が主なコンビニはもちろん、タリーズコーヒーやコメダ珈琲などのカフェ、UNIQLO・GUなどのファッション店、ENEOSなどのガソリンスタンド、ビックカメラ、コジマ、ヨドバシカメラなどの家電量販店など、QUICPayは幅広いジャンルの店舗で使える。

家電が実質20%引きで買えるのは、かなりありがたい。

残念ながら、Suicaチャージやオンラインショップ利用分は利用対象外となっている。

キャンペーンの注意事項

本キャンペーンでは、いくつか注意すべき点があるので、しっかり押さえておこう。

カード利用代金明細日がキャンペーン期間中の場合のみキャッシュバック対象

カード利用代金明細書に記載される日付(利用日)がキャンペーン期間中の場合が対象となっている。

利用店舗によっては「利用日」が商品を購入した日と異なる場合もある。

特にネットショッピングでは、商品を購入した日ではなく発送した日付等を「利用日」として設定している場合があるので注意しよう。

また、予約商品、入荷待ちなどで実際の決済が、キャンペーン期間終了後の日付となる場合も対象外となる。

一部キャッシュバック対象外の利用がある

各種年会費・データ維持料、ショッピングリボ、分割・スキップ払いの各手数料、キャッシングサービス利用分、再発行手数料を含む各種手数料などは、利用合計金額に含まれない。

また、振り込み時点でカードを退会されている場合や口座設定していない場合も、もちろんキャッシュバックの対象外となる。

カードの切り替え、再発行に伴いカード番号が変更になった場合は、一部利用金額の対象とならない場合もあるので注意が必要だ。

まとめ

「JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!」は、JCBグループ発行のクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードを持っていれば、誰でも20%のキャッシュバックを受けられてお得なキャンペーンだ。

僕が今回おすすめしたクレジットカードは、利用者も多くバリューが高いカードたちだ。

新規ユーザーならキャッシュバックにプラスして入会特典もゲットできるので、これを機にカードを作ってみてはいかがだろうか。

えふぃる
えふぃる
リクルートカードとソラチカカードは持っておくべき

僕のおすすめクレジットカード

この記事のURLとタイトルをコピーする
  
こちらの記事もおすすめ