# バッグ

ミニマルなデザインがそそる。ちょっとしたお出かけに連れて行きたい「無印良品 撥水サコッシュ」レビュー

ちょっとした外出に最低限必要なモノといえば何だろうか。

僕の場合、スマホと財布、モバイルバッテリーがあれば大抵事足りることが多い。

そんな場面に最適なカバンがあったらなぁと思い、色々探して見つけたのが「無印良品 撥水サコッシュ」だ。

余計な装飾が一切ないミニマルなデザインと約80gという軽量さが売りで、実際に使ってみた感じが良かったので今回レビューしたいと思う。

「無印良品 撥水サコッシュ」の良いところ

  • 装飾が一切ないミニマルなデザイン
  • 税込990円と安価
  • 約80gと超軽量
  • 撥水仕様で雨にも強い
  • ショルダーベルトが外せてポーチとしても使える

「無印良品 撥水サコッシュ」の惜しいところ

  • 中面に仕切りやポケットが無い
  • ショルダーベルトが少し安っぽい
  • ファスナーが止水仕様じゃない

ミニマリストの物欲をそそる「無印良品 撥水サコッシュ」

こちらが今回購入したブラック色のサコッシュ。

無印良品らしく1,000円以下で購入できるプチプラなのに、約80gと超軽量で撥水加工もされているなど機能性は抜群。

ただし、ファスナーは止水仕様では無いので完全に防水できるわけではない。

外観については、ミニマルなデザインがスタイリッシュで、タテ20cm×ヨコ24cmと正方形に近いカタチがイマドキっぽい。

生地表面にはロゴなどの装飾が全くないので、どんなファッションコーディネートにも合わせやすいようになっている。

カラバリは6色展開で、ブラックのほかライトベージュ、シルバーグレー、マスタード、スモーキーブルー、ネイビーがある。

マスタードは発色の良い黄色で、女性におすすめのカラーだ。

ショルダーベルトを外せばポーチ代わりに

無印良品のサコッシュは、ショルダーベルトが外せる仕様になっている。

ショルダーベルトを外すことで、小物を入れるポーチやバッグインバッグ、クラッチバッグなどの代わりとしても使えるようになるので、幅広い場面で活躍できる。

中面に仕切りやポケットは無い

安価でデザインも良いサコッシュだけど、1点気になるのが中面に仕切りやポケットが無いことだ。

仕切りやポケットがないと、サコッシュの中で小物が動いて散らかってしまう可能性がある。

また、鍵など鋭利で硬いものを入れると他のものに傷が付く恐れもあるので、そこは注意しておきたい。

「無印良品 撥水サコッシュ」の使用イメージ

僕が実際に使っているものをサコッシュに入れてみたイメージはこんな感じだ。

iPhone7とPRESSo、Anker PowerCore II 6700、あと写真には写ってはいないが充電用ケーブルも含めて、ちょうど良いサイズ感で収まるようになっている。

必要最低限のものがキレイに収まるのは見ていて気持ちがよい。

ちなみに僕は所持していないが、iPad miniもジャストサイズで入るようなので、iPad mini愛好家にもおすすめできる。

まとめ

今回紹介した無印良品のサコッシュは、ちょっとした外出に持ち歩いていくのに最適なカバンだ。

なにより税込990円と安価なのに、ミニマルなデザインでどんなコーディネートにも合わせやすいので、ガンガン普段使いしていける。

さらに、ショルダーベルトを外せばポーチ代わりにもなるので、1つ持っていれば様々な場面で活躍できるはずだ。

中面に仕切りやポケットが無かったり、ショルダーベルトが少し安っぽいなど惜しい点もあるが、値段やその他の機能性を考慮すればベストバイなサコッシュだと思う。

LOHACOでも購入できるので、コンパクトでシンプルなカバンを探していた人は、ぜひともチェックしてみてほしい。

LOHACOで購入するとTポイントもゲットできるのでお得。

えふぃる
えふぃる
990円でこのデザインなら即買い