riccla
# バッグ

ミニマルなデザインがそそる。ちょっとしたお出かけに連れて行きたい『無印良品 撥水サコッシュ』レビュー

これまでバッグを一切持っていなかったのですが、ちょっとした外出をする際に何かあると便利だなと思い始め、そんなシーンに合う小さめのバッグを探していました。

僕の場合はスマホと財布、モバイルバッテリーが収納できれば十分と思っていたのですが、色々探した中で良さげなバッグを見つけたので紹介したいと思います。

ミニマリストの物欲をそそる「無印良品 撥水サコッシュ」

今回ご紹介するのはこちらの『無印良品 撥水サコッシュ』。

まずは外観について。

タテ20cm×ヨコ24cmと正方形に近い形状がイマドキっぽくてスタイリッシュ。

カラーバリエーションは、ブラック・ライトベージュ・シルバーグレー・マスタード・スモーキーブルー・ネイビーの6色が展開されています。

生地表面にはロゴなどの装飾が全くないので、どんなファッションコーディネートにも合わせやすいですね。

僕は無難なブラックを選択しましたが、マスタードも可愛いらしくておすすめですよ。

税込990円とコスパが最高

このサコッシュの良いところは、税込990円で買えるというコスパの良さ。

このプチプラで、無印良品らしく約80gと超軽量なつくりで撥水加工もされているなど機能性が抜群なのはさすがと言ったところ。

ただし、ファスナーは止水仕様ではなく完全に防水できるわけではないのでご注意を。

ショルダーベルトを外せばポーチ代わりに

無印良品 撥水サコッシュ』は、ショルダーベルトが外せる仕様になっています。

ベルトを外すことで小物を入れるポーチやバッグインバッグ、クラッチバッグなどの代わりとしても使えるようになります。

使い方次第で、幅広い場面で活用できますね。

仕切りやポケットは皆無

安価でデザインも良いサコッシュだけど、1点気になるのが中面に仕切りやポケットが一切無いこと。

仕切りやポケットがないと、サコッシュの中で小物が動いて散らかってしまう可能性があります。

また、鍵など鋭利で硬いものを入れると他のものに傷が付く恐れもあるので、そこは注意しておきたいところ。

「無印良品 撥水サコッシュ」の使用イメージ

僕が実際に使っているものをサコッシュに入れてみたイメージはこんな感じだ。

スマホ『iPhone7』と財布『PRESSo』、モバイルバッテリー『Anker PowerCore II 6700』、あと写真には写ってはいませんが、充電用ケーブルも含めてちょうど良いサイズ感で収まるようになってます。

必要最低限のものがキレイに収まるのは見ていて気持ちが良いですね。

ちなみに僕は所持していませんが、iPad miniもジャストサイズで入るようなので、iPad miniを持っている人にもおすすめ。

まとめ

今回は『無印良品 撥水サコッシュ』について紹介しました。

実際に使った感触としては、コンパクトで取り回しが良いのでちょっとした外出に持ち歩いていくのに最適なバッグだと思いました。

なにより税込990円と安価なのに、ミニマルなデザインでどんなコーディネートにも合わせやすいので、ガンガン普段使いしていけます。

さらに、ショルダーベルトを外せばポーチ代わりにもなるので、1つ持っていれば様々な場面で活躍できるはず。

中面に仕切りやポケットが無かったり、ショルダーベルトが少し安っぽいなど気になる点もありますが、価格を考慮すればベストバイなサコッシュだと思います。

コンパクトでシンプルなバッグを探していた人は、ぜひチェックしてみてください。

ちなみに、無印良品以外に「LOHACO」でも購入できます。

「LOHACO」で購入するとTポイントもゲットできるのでさらにお得ですよ。

えふぃる
えふぃる
990円でこのデザインなら即買い