# マウス

スクロール操作が快感。ロジクールの決定版マウス『MX Master 3』レビュー

僕は自称ブロガーですが、普段はただの社会人なので平日はオフィスで仕事をしています。

事務作業が中心でほぼ1日中パソコン作業をしているのですが、パソコン周りの機器はこれまで職場から支給されたものを使っていました。

ディスプレイやキーボードは特に使用上での問題は無かったのですが、マウスだけはどうしても自分の手に合わず疲労が溜まる感覚がありました。

どうやらマウスの横幅が狭く、摘むように持たないといけないのが原因で、指に相当の負荷が掛かっていたようです。

そこで、ロジクールの多機能マウスを購入してみたのですが、これが本当に良い感じ。

まだちょっとしか触っていませんが、マウス操作がめちゃくちゃ快適になって、しかも「多機能」ということで生産性も格段にアップしました。

ロジクールのハイエンドワイヤレスマウス『MX Master 3』

こちらが今回購入した『MX Master 3』というマウス。

値段は約14,800円とマウスにしてはかなり良いお値段。まさにハイエンドモデルですね。

2019年9月27日に発売され、シリーズとしては3代目となります。

先代の『MX Master 2S』からさらに進化し、より使いやすくなっているとのこと。

さっそく外箱を開けてみると、中にも箱が。

さすがハイエンドモデルなだけあって、梱包もしっかりしています。

中箱を開くと、やっとマウス本体が現れました。おぉっ、カッコいい!

パッケージ内容はこんな感じ。

  • マウス本体
  • Unifyingレシーバー
  • USB-C充電ケーブル(USB-A×USB-C)
  • 保証規定

グレーのUSBケーブルは珍しいですね。特別感があって気に入りました。

それでは、さっそくマウス本体を見ていきましょう。

エルゴノミクスデザインの芸術的なフォルム

こちらが『MX Master 3』の外観。

エルゴノミクスデザイン(人間工学に基づいたデザイン)で設計されており、他のマウスとは一線を成すフォルムをしています。

色々な方面から眺めてみても、流線的なフォルムがとても美しいです。

手に触れる部分の多くはシリコンゴムのような素材になっていて、マウスを持ってみると、手のひらに吸い付くようなフィット感がありました。

マウスを手で摘むというよりは、マウスに手を「置く」ような感覚で、非常に安定した操作感を得られます。

特に親指の付け根あたりがジャストフィットしていて、手にしっくりきます。

ただ、小指の方はあまり置き場がなく、通常の持ち方をしていると小指が浮いてしまいます。

そこで、左クリックを人差し指、ホイールを中指、右クリックを薬指と配置すると、スクロールも含めてちょうど良い感じに指が収まりました。

もし、持ち方がしっくりこない人は試してみてください。

また、マウス本体のカラーはグラファイト・ミッドグレイ・ブラックの3色が展開。

ブラック系は色が重いかなと思って、僕はミッドグレイを選んでみましたが、他には無い色味で気に入っています。

薄めのグレーなので、このマウスがあるだけでデスク周りが明るくなったような気がします。

約141gとちょっと重め

マウスが大きい分、重量は約141gとそこそこあります。

一般的なサイズのスマホと同じぐらいの重さだとイメージしてもらえれば分かりやすいかと思います。

マウスとしては重い方ですが、机やマウスパッドとの接地面積は小さいので、マウス移動の動作にそこまで支障は感じません。

マウスを浮かして操作する人にはちょっと機動力が落ちるかもしれませんが、個人的には重い分微妙な操作の調整ができるので、これはアリだと思います。

ただ、このマウスを普段から持ち歩くとなると、この重さとサイズはちょっと不便かもしれません。

USB-Cによる急速充電に対応

これは嬉しい仕様。

先代モデルからの進化ポイントの1つで、USB-C充電に対応したことにより、急速充電&ケーブルの削減化が実現できます。

フル充電すると最長で70日も使用可能で、たった1分間充電するだけでも3時間使用することができます。

充電時にはサムホイールの近くにあるLEDインジケーターが点灯します。

電磁気スクロール「MagSpeed」が快感

MX Master 3』最大の特徴とも言える機能が、この電磁気スクロールを搭載した「MagSpeed」。

全面スチール素材を採用し、1秒間に1000行もの高速スクロールができて、静音性も抜群。このマウスならではのプレミアムな操作感が得られます。

弱い力でスクロールすると、「コクコク」と磁石の反発による程よい抵抗感があり(ラチェットモード)、勢いよくスクロールすると極性反転により反発が打ち消され「シャー」と無音でしばらく回り続けます(フリースピンモード)。

この高速スクロールが快感すぎて、気付いたら意味もなくスクロールを回してしまいます。笑

この快感さは実際に試してもらうしかないですね。

あと、ホイールの手前にある「モードシフトボタン」をクリックすることで、ラチェットモードとフリースピンモードを手動で切り替えることもできますよ。

ヌルヌル動くサムホイール

僕がこの『MX Master 3』を選んだ理由の1つがこのサムホイールの存在

仕事で横に長いExcelとかを触る時があるのですが、横スクロールがめんどくさすぎて、このサムホイールに目をつけました。

マウスの中にはスクロールを横に倒すことで横スクロールにも対応するものもありますが、いまいち操作に慣れませんでした。

このサムホイールは直感的に左右へのスクロール方向が分かるのでいいですね。

サムホイールは「ヌルヌル」と重く滑らかに回る感じで、これまた絶妙なスクロール感ですごく良いです。

また、サムホイールの下には「進む・戻るボタン」が付いていて、これも何気に使いどころがあるので便利です。

マルチOS・EASY-SWITCH・Logicool Flow対応

MX Master 3』はマルチOS対応で、Windows・Mac・Linux®6・iPad全てのOSで動作します。

職場のパソコンはWindowsですが、問題なく動作しているし、僕個人で使っているiPadでもバッチリ使えています。

また、マウス裏面にある「EASY-SWITCH」によって、最大3台までのデバイス切り替えが簡単にできます。

さらにFlow機能を使うことで、異なるデバイス間でファイルのコピー&ペーストもできます(パソコンとiPad間は非対応)。

Flow機能はまだ実際に使っていないのですが、クラウドやディスクメモリなどを介する必要が一切ないので、複数デバイスを利用している人には重宝する機能だと思います。

『MX Master 3』を使ってみて気になった点

非常に完成度も満足度も高いマウスですが、いくつか気になる点もあったので紹介しておきます。

クリック音がデカい

せっかく静音性の高いホイール「MagSpeed」を搭載しているのに、1番よく使う左・右クリックは静音対応していません。

クリックすると「バチッ」と甲高い音がします。

オフィスで使う分には問題ないですが、カフェや図書館など静かな場所で使おうと思うと気になるレベルのクリック音なので、次世代モデルではぜひ改善してもらいたいポイント。

サムホイールがもうちょっと出っ張っていてほしい

サムホイールの挙動自体はものすごく良いし、先代モデルからサイズも巨大化していて、確実にアップデートされている部分なのですが、個人的にはもう少し出っ張っていた方が良いなぁと思いました。

スクロールする時に、マウスの角や下についている進む・戻るボタンと干渉して、ちょっと指が挟まれるような感覚があります。

サムホイールだけに指が触れられるぐらいまで出っ張ってくれるとベストです。

まとめ。1度使ったら病みつきになるマウス

今回は『MX Master 3』について紹介しました。

最初は「マウスに1万円以上もかけるなんて…」と思いましたが、実際に使ってみるとこの値段に納得。

マウスが違うだけで、こんなにも生産性と疲れにくさが変わるのか!と実感できるとは正直思っていなかったです。

僕みたいに普段は1日中パソコンを使って仕事をしている人は、良いマウスに投資するのも悪くないのではと思いました。

MX Master 3』の高速スクロールとサムホイール、手のひらへのフィット感は他のマウスにはないメリットだと思うので、もし気になった人は試してみてください。

今後しばらく使ってみて、新たに思うことがあったらまた改めてレビューしてみたいと思います。

えふぃる
えふぃる
気付いたら意味もなく高速スクロールしている自分がいる
この記事のURLとタイトルをコピーする