# キッチン用品

挽き立てコーヒーが手軽に楽しめる。全自動コーヒーメーカー『Panasonic NC-A57』レビュー

家でも挽き立てのコーヒーが飲みたい。

でも、豆を自分で挽くには色々と道具も必要だし面倒そう…。

そんな人におすすめしたいのが、豆を挽くところからドリップまで全自動でできる『Panasonic NC-A57』というコーヒーメーカーです。

僕もかれこれ2年ほど使ってますが、インスタントコーヒーとは比べ物にならないぐらい美味しいコーヒーが毎日手軽に味わえるようになりました。

挽き立てコーヒーの良い香りに包まれながら迎える朝は最高ですね。

しかも、豆や水、フィルターなどをセットしてしまえば全自動で抽出してくれて、使用後に洗うパーツも少ないので、忙しい朝でも使えるのが便利です。

本格コーヒーを手軽に体験してみたいという人におすすめのモデルに仕上がっています。

はじめてでも簡単に使える全自動コーヒーメーカー『Panasonic NC-A57』

こちらが今回ご紹介するコーヒーメーカーの『Panasonic NC-A57』。

黒とシルバーを基調としたシックな外観でインテリアにも合わせやすいデザインですね。

めちゃくちゃスタイリッシュな見た目とまではいきませんが、まぁ及第点は達成しているかなといった感じ。

サイズは幅22cm×奥行き24.5cm×高さ34.5cmと、そこまで大きくないのも良いですね。

お値段は2万円ほどしますが、毎日使うモノと考えれば全然安いと思います。

仮に5年間毎日使えば、1日あたりのコストは約10円なので、外で缶コーヒーを買うよりも圧倒的に安く、そして美味しいコーヒーが飲めるようになります。

それでは、コーヒーを淹れる手順にそって、特徴や機能などを紹介していきましょう。

自動洗浄機能が付いたミル機能

本体上部に豆を投入する豆容器が備わっています。

フタを開けて、ここに付属のスプーンで測ったコーヒー豆を入れると、本体内部にあるミルに豆がセットされます。

また、フタには「シャワードーム」と呼ばれる機能があるんですが、これがとにかく画期的。

豆の蒸らしに入る前に沸騰したお湯がこの先端から拡散するように流れ出し、豆容器の中やミルをキレイに洗浄してくれんです。

わざわざミルの刃を取り出して洗ったりする手間が省けるので、お手入れが楽チン。

2種類のメッシュフィルターで好みの味に

めっちゃ粉付いてた…。

先ほど紹介した豆容器の下部には「メッシュフィルター」というパーツが取り付けられます。

「メッシュフィルター」は中細挽き/粗挽きの2種類が付属していて、それぞれ使い分けることで、より好みの味に仕上げることができます。

中細挽きを使うとコクが出て、粗挽きを使うとスッキリとした味わいになります。

僕は渋みが少ない方が好みなので、粗挽きのフィルターを付けています。

最大5カップ分が入れられる水タンク

本体背面には、水を入れる用のタンクが備わっています。

このタンクには最大5カップ分の水が入れられるようになっていて、取り外しもできて、目盛りも付いているので、簡単に適量な水を入れることができます。

また、コーヒーメーカーの中には3カップ分までしか淹れられないモノもあるので、5カップ分あれば量的にも十分ですね。

さらに、このタンクの上部には「活性炭フィルター」が備わっていて、このフィルターを通すことで水のカルキが取り除かれ、まろやかな舌触りのコーヒーを再現してくれます。

気になるお味は後ほど紹介します。

あとは、バスケットにペーパーフィルターをセットするだけで準備は完了。

いよいよドリップ抽出していきます。

ドリップすればコーヒー豆の芳醇な香りが漂いはじめる

全てのセットが終わったら、最後にコースを選びます。

コースには「リッチ」「マイルド」「デカフェ豆」の3種類があります。

「マイルド」にしたら、ちょっと味が薄かったので、僕は基本「リッチ」に設定しています。

そして、あとは「豆」のボタンを押すだけ。

全自動で抽出までしてくれます。

ボタンを押すと、まず豆が挽かれ始めます。

その時に「ガガガ、ギュイーーーン」とまあまあデカめな音がしますが、その辺は仕方ないですね。

豆が挽き終わると「コポコポコポ」とお湯が沸騰し始め、蒸らしの工程に入ります。

このあたりからコーヒーの良い香りが漂いはじめ、至福の時間がやってきます。

カップ量にもよりますが、だいたい4分〜7分程度でコーヒーが湧き上がります。

あとは、カップに注ぐだけで本格コーヒーを愉しめます。

最初に豆と水、フィルターさえセッティングしてしまえば、あとはノータッチで良いのがホントにラクなんですよね。

忙しい朝でもご飯を作ったりしながら、並行してコーヒーが沸かせるのが便利です。

気になるコーヒーの味は?

味の感想の前に、僕が普段使っているコーヒー豆を紹介しておきます。

正直言って今のところそこまで豆には拘ってないので、スーパーで手に入るようなやつを使ってます。

で、味の感想ですが、インスタントコーヒーと比べると、雑味がまず無いですね。

スッキリとした味わいで、ストレートで飲んでも胃がもたれない感じというか。

あと、香りもやっぱり断然良い。

コーヒー豆のふんわりとした甘い香りが味にも反映されていて、とても美味しくコーヒーを味わえます。

ちなみに、僕はこのコーヒーの味に慣れてしまってから、インスタントコーヒーは飲めなくなってしまいました。

インスタントはなんか変な苦味を感じるというか、もうあれはコーヒーとは言えないですね。

デカフェ豆にも対応

この『Panasonic NC-A57』は、前モデルから新たに「デカフェ豆コース」が付いていて、カフェインレスの豆でもコクのあるコーヒーをつくることができます。

これならカフェインが気になる人でも、気にせずに美味しくコーヒーを味わえますね。

まとめ

今回は全自動コーヒーメーカーの『Panasonic NC-A57』について紹介しました。

コーヒーメーカーは各社色々なモデルが出ていますが、このコーヒーメーカーは初心者でも使いやすく、手入れもラクで、味も美味しいと総合的に満足できるモデルに仕上がっていると思います。

コーヒーは奥が深いので拘りだすとキリがないところはありますが、まずは手軽にインスタントより本格的なコーヒーを味わってみたいという人には最適だと思いますので、気になった人はぜひチェックしてみてください。

きっと毎日のコーヒータイムが楽しいものになりますよ。

えふぃる
えふぃる
このコーヒーメーカーを導入してから、ストレートが飲めるようになった
この記事のURLとタイトルをコピーする