riccla
# Pay

10/5限定で最大10万円還元!1周年記念のPayPay感謝デーがアツい「PayPay」レビュー

100億円をユーザーに還元するキャンペーンとともに登場し、話題を席巻したPayサービス「PayPay」。

サービス開始1周年を迎える2019年10月5日には「PayPay感謝デー」が開催される。

50人に1人の確率で最大10万円相当がもらえるということで、PayPayユーザーはもちろんのこと、まだPayPayを利用したこともない人も、始めるならなら今しかないと思う。

今回は実際にPayPayを愛用している僕が、キャンペーンや使い方、メリット・デメリットなどについて紹介していこう。

\新規登録で1,000円相当がもらえる/

PayPay(ペイペイ)で開催中・開催予定のお得キャンペーン

PayPayでは常にお得なキャンペーンを開催している。

今すぐにでもPayPayを使いたくなるようなキャンペーンばかりなので、まずその内容をみてもらいたい。

「PayPay感謝デー」で最大10万円相当が戻ってくる!

2019年10月5日(土)でサービス開始1周年を迎えることを記念して、「PayPay感謝デー」が開催される。

最大10万円相当が戻ってくるということで、家電などの高額商品を検討していた人には朗報だ。

確率は1/50と決して高くはないけれど、思い切って狙ってみるのも良いだろう。

また、期間中5,000円相当まで最大20%還元が受けられる。

1回あたりの上限が1,000円なので、5,000円の買い物×5回でMAX還元となる。

ただし、PayPay残高かヤフーカードで支払いした場合に限り本キャンペーンの対象となるので注意が必要だ。

その他のクレジットカードを紐づけている場合などは、予めヤフーカードに設定しておこう。

UNIQLO(ユニクロ)でPayPayを使うとヒートテックが1枚無料に!

2019年10月4日〜22日なも期間中に、990円(税抜)のヒートテックインナー2枚(KIDSは790円(税抜)のヒートテックインナー2枚)をレジに持参し、専用クーポンを使ってPayPayで支払いすると、なんと1枚分が無料になるらしい。

秋が深まるこれからの時期に嬉しいキャンペーンだ。

とりあえず僕はこのキャンペーンでヒートテック買っときます。

なお、キャンペーン参加にはユニクロアプリとも必要なので、事前にダウンロードしておこう。

PayPay(ペイペイ)への口座登録で1,000円相当のPayPayボーナスがもらえる

これからPayPayを使ってみようと思っている人に朗報!

「PayPayはじめ特典」として、新規登録してから1週間以内に銀行口座を登録するだけで、1,000円相当のPayPayボーナスが貰える。

PayPayの新規登録はダウンロードから最短1分で手続きできるので、早速試してもらいたい。

\新規登録で1,000円相当がもらえる/

毎月いつもどこかでワクワクペイペイで最大10%還元

ワクワクペイペイは、日本のどこかで毎月開催されるキャンペーンで、Yahoo!プレミアム会員とソフトバンク、ワイモバイルユーザーは最大10%、PayPayユーザーは最大5%還元される。

さらに、Yahoo!プレミアム会員は10回に1回、PayPayユーザーは20回に1回の確率で最大1,000円相当がバックされる。

こちらもPayPay残高かヤフーカードでの支払いのみ対象となる。

9月は食品スーパーマーケットで最大10%還元

9月開催のワクワクペイペイは食品スーパーマーケットが対象だ。

11時~14時の間にPayPayで支払いすると最大10%還元となる。

付与上限は一回につき1,000円で、期間内の上限が30,000円となっている。

還元率が最大10%と8月より下がっているので要注意だ。

PayPay(ペイペイ)とは

PayPayは、ソフトバンクとヤフーが共同で設立したPayPay株式会社が運営するQRコード決済サービス。

登録料・年会費などは一切なく、スマホがあれば無料ですぐに使えて、PayPay加盟店で決済ができるようになる。

また、支払額に応じて3%分のPayPayボーナスの還元を受けられる。

増税後の10月1日からは1.5%還元に半減する。

PayPay(ペイペイ)の使い方は超簡単

PayPayを使い方はいたって簡単で、誰でもすぐに使い始めることができる。

まずは、アプリをダウンロードして、携帯電話番号かYahoo! JAPAN IDのどちらかを入力して、SNS認証を行う。

認証を終えたあとは、支払い情報を登録するだけで決済できるようになるので、最短1分で手続きできる。

PayPay(ペイペイ)の支払い方式

支払い方式には2通りあって、アプリを起動して店員さんにバーコードを見せるか、QRをリーダーで読み取るだけの簡単操作となっている。

  • 店舗に設置されているQRコードを、ユーザーがPayPayアプリで読み取る方式
  • ユーザーがPayPayアプリで提示したバーコードを、店員が端末で読み取る方式

例えば、ヤマダ電機ではバーコードを見せて、店員さんが端末でバーコードを読み取る方式で、ビックカメラでは店舗に設置されているQRコードをユーザーが読み取る方式になっている。

自分でQRコードを読み取る場合は、コードを読み取った後、決済金額を入力して店員に画面を見せて、確認の上で支払い完了ボタンをタップすれば決済される。

PayPayのUIは、他のPayサービスと比較しても分かりやすいので、誰でも簡単に使うことができると思う。

ちなみに、3万円(税込)以上支払いをPayPayで行う際には、本人確認書類の提示が必要となる場合があるので注意しよう。

PayPay(ペイペイ)利用上の制限

クレジットカードを登録する際に、本人認証サービス(3Dセキュア)の設定をしないと利用制限を受けてしまう。

利用制限を受けた場合、決済金額の上限が、過去24時間で2万円、過去30日間で5万円となる。

本人認証を行ってアカウント画面の表示名に「青いバッジ」が表示されると、上限金額が過去24時間および過去30日間で25万円までアップする。

「青いバッジ」が表示される条件は、現在のところ明らかになっていない。

「Kyash」などの本人認証サービス非対応のカードを登録する場合は、支払い可能額が過去24時間および過去30日間で上限5,000円までとなっている。

PayPay(ペイペイ)の支払い方法

PayPayの支払い方法は3つあって

  • PayPay残高
  • Yahoo!マネー
  • クレジットカード(Yahoo!JAPANカード以外はVISA・Mastercardのみ)

PayPay残高は、銀行口座かYahoo!JAPANカードからチャージすることができる。

Yahoo!JAPANカードのみ、JCBブランドでも利用可能だ。

PayPay残高が実際の購入金額に届かない場合はエラー画面が表示されるので、PayPay残高にチャージをするか、他の支払い方法を選択しよう。

PayPay(ペイペイ)を使うメリット

実際にPayPayを使ってみると、4つのメリットがあったので紹介していこう。

  • クレジットカードが無くても使える
  • 支払い金額の3%が還元される
  • Yahoo!マネーが使える
  • ポイントの二重取りができる

クレジットカードが無くても使える

事前に銀行口座からPayPay残高をチャージしたり、Yahoo!マネーの残高の範囲内で利用する場合には、クレジットカードが無くてもPayPayを利用できる。

学生をはじめ、クレジットカードが発行できない・持てない人でも銀行口座があればPayPayは使えるので、誰でもキャッシュレスの波に乗ることができる。

支払い金額の3%が還元される

PayPayで支払いをすると、支払い金額の3%相当のPayPayボーナスが付与されます。

ただし、1回あたりの付与上限は15,000円までで、1ヶ月あたりの付与上限は30,000円相当(100万円利用分まで)となっている。

1会計で50万以上の支払いをすることは滅多にないと思うので、あまり気にする必要はないと思うが、念のため上限を超えないよう注意しよう。

ちなみに、PayPay残高で支払った場合は、優先的に有効期限が短いPayPayボーナスの残高より支払われるようになっている。

Yahoo!マネーが使える

PayPayはYahoo!ウォレットの預金払い用口座から、Yahoo!マネーで残高をチャージすることもできる。

ヤフオクの売上などで、大量のYahoo!マネーが残存している場合は、リアル店舗で消化できるのは大きなメリットだ。

ポイントの二重取りができる

クレジットカード決済にてPayPayで支払った場合、クレジットカードのポイントも貯めることができる。

例えば、Yahoo!JAPANカードを設定して、PayPayで決済をすると、1%分のTポイントと3%分のPayPayボーナスが付与される。

同じ決済でもPayPayを使うだけで、還元率がアップするので、使わない手は無いだろう。

PayPay(ペイペイ)のデメリット

便利でお得なPayPayだが、デメリットに感じる点もある。

PayPay残高と他の支払い方法の併用ができない

これが結構ネックで、例えば1万円のモノを買う時に、PayPay残高が9,999円しかなかった場合には、PayPayを使っての決済はできない仕様となっており、残りの1円を現金で払うこともできないようになっている。

その場合には、PayPay残高ではなく、PayPayに登録したクレジットカードなどで支払う必要があるので、PayPay残高もしっかりと把握しておこう。

ただし、ビックカメラなど一部の店舗では、PayPay払いと他の支払方法の併用ができるようなので、店員に事前確認するのも良いだろう。

まとめ

PayPayがあれば、財布をわざわざ取り出さなくてもスマホさえあればシームレスな決済ができるようになった。

数あるPayサービスの中でもPayPayが最も使いやすく、お得なキャンペーンを実施しているので、まだPayサービスを使ったことのない人はまずPayPayから使ってみるのをおすすめする。

今なら、「PayPayはじめ特典」で1,000円相当がもらえるので、この機会にぜひPayPayを使ってみよう。

えふぃる
えふぃる
さぁ君も一緒にPayPayしようぜ!

\新規登録で1,000円相当がもらえる/

Yahoo! JAPANカード 発行プロモーション

こちらの記事もおすすめ