# 財布

ミニマル財布『PRESSo』を使い始めて1年が経ちました

僕は『PRESSo』という財布を愛用しています。

PRESSo』は「キャッシュレス時代に欲しい僕らの財布」というコンセプトのもとdripさんからリリースされた本革仕様のミニマルな財布で、ミニマリストをはじめ愛用者も多いです。

僕が購入したのは今から1年ほど前なんですが、見た目や使い勝手が予想以上に良くて、今でも使い続けています。

これまで使ってきた中で色々と感じたことがあったので、1周年の節目に紹介したいと思います。

キャッシュレス決済できる店舗が激増した

PRESSo』が出始めた頃は、まだまだキャッシュレス決済ができる店舗が少なかったのを憶えています。

なので、『PRESSo』に乗り換えてからも、まだまだ現金を扱う機会が多く、当時はもっと小銭やお札が入る財布にすれば良かったなぁ…と正直後悔していました。

特に『PRESSo』小銭入れにマチがなく、MAX6枚程度の小銭しか入らないので、お釣りをもらう時に不便さを感じる場面が多々ありました。

でも、1年経った今では、政府主導のキャッシュレス・消費者還元制度も追い風となって、多くの店舗でキャッシュレス決済が導入されるようになりました。

近所にあるスーパーや個人経営的な小さい店舗でも、いつのまにかクレジットカードやらPayPayが使えるようになっていて、今では現金を使う機会がかなり減りましたね。

まぁ現金しか使えない店舗には行かないようになった、というのもあるかもしれませんが。笑

それはさておき、今の世の中において『PRESSo』はまさに「キャッシュレス時代の理想の財布」になっているんじゃないかなと僕は思います。

やっと『PRESSo』のスタイルに時代が追いついてきた、そんな気がしています。

リニューアルアップデートでスナップボタンが付いた

PRESSo』がここ最近、発売以来初となるリニューアルアップデートされました。

https://twitter.com/drip_corp/status/1253609722546196480?s=21

これまで折り曲げて収納するだけだった『PRESSo』に、スナップボタンが1つ取り付けられました。

これによって、より閉じやすく使いやすい財布になったとのこと。

たしかに、このボタンがあることでカードやお札をたくさん入れても広がらずに使えるってのはあると思います。

でも、僕は無駄な要素を削ぎ落とした『PRESSo』のミニマルなスタイルとシームレスな使い心地が好きなので、個人的にスナップボタンは無くても良かったかなぁと。

PRESSo』は最初、革が硬くて収納できるカード枚数も少なかったり、ちゃんと閉まらなかったりするけれど、使い込むうちに革が馴染んできて、収納できるカード枚数も多くなり、自然としっかり閉じるようになってきます。

こんな感じで革を育成していくのも醍醐味の1つだと思ってます。

あと、ボタンを開け閉めすると負荷がかかって、そこだけ革の劣化が早くなりそうなのも気になるので、やっぱり個人的にはボタン不要ですね。

今後スナップボタン無しVerが再販されるのかは分かりませんが、今持っている『PRESSo』は特別カラーでもあるので、引き続き大切に育てていきたいと思います。

経年劣化がほとんどない

僕が持っている『PRESSo』は「pique」というセカンドラインのシリーズで、外側には水や傷に強いタブレザーが使われています。

そのおかげもあってか、1年使った程度ではほとんど劣化が感じられません。

劣化ではないですが、変化といえばカードの角が当たる部分がちょっと浮き上がってきたことと、財布の角にカーブが付いてきたぐらいですね。

内側のベジタブルタンニンレザーも、今のところはほとんど変化を感じません。

ここはもっと色が付いてくるのかなと思っていたのですが、もう少し様子見してみます。

まとめ。まさにキャッシュレス時代の理想の財布

簡単にですが、1年ほど『PRESSo』を使ってみて感じたことを紹介してみました。

最近はスマホ決済も使っていることもあり、正直言うと財布自体を使う機会が減っているのですが、今の環境なら『PRESSo』は本当におすすめできる財布だと思います。

キャッシュレス化が進み、現金を扱う機会がグッと減ってきているので、必要最小限のカード類を収納しておくには最適です。

そして、使い勝手が良いのはもちろんのこと、なによりデザインと質感が抜群に良いです。

高品質な革を必要最低限の枚数で貼り合わせてつくられたミニマルなデザインは、いつ見ても所有欲を満たしてくれます。

PRESSo』を手にした後も色んなミニマルな財布が登場していて、チラチラ気にはなっているのですが、当分の間はこの『PRESSo』を使い続けていくつもりです。

次は経年変化を感じた頃に、また改めてレビューしますね。

えふぃる
えふぃる
トバログさんとコラボした『PRESSo L』がめっちゃ気になってる
この記事のURLとタイトルをコピーする