# クレジットカード

ホテル無料宿泊特典が毎年もらえる。マイル還元率1.25%のマイラー必須カード『SPGアメックス』

なんで今まで持っていなかったのだろう?

ハワイ旅行をきっかけに『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(通称:SPGアメックス)』を申し込んだのですが、このカードがとにかく最高すぎる。

このカードを持っているだけで、無料で毎年ラグジュアリーなホテルに1泊できて、「Marriott Bonvoy」のゴールドエリート会員へと昇格できます(ほかにも多数の特典あり)。

さらにポイント還元率は3%と超高還元率で、貯まったポイントはホテルの無料宿泊と交換できるほか、最大1.25%還元でマイルにも交換できるので、メインカードとしてもガンガン使っていけるのが良き。

年会費は税込34,100円と高めですが、還元率や特典を考慮すれば余裕で元が取れるし、さらに紹介プログラムを利用すれば入会特典として最大49,000ポイントがもらえるので、マイラーはもちろんのこと旅行好きの人にぜひおすすめしたいカードです。

旅行好きにおすすめのクレジットカード『SPGアメックス』

こちらが年会費34,100円のクレジットカード『SPGアメックス』。

カードの淵の色に合わせてICチップがシルバー仕上げになっています。カッコいい。

このカードの基本スペックはこんな感じ。

  • 年会費:34,100円
  • 還元率:3%
  • 国際ブランド:AMEXのみ
  • 電子マネー対応:QUICPay

冒頭でもチラッと触れましたが、還元率は3%で100円につき3ポイントが貯まり、さらにマリオット系の提携ホテルで利用すると還元率が2倍(還元率6%)になるので、あっという間にポイントが貯まっていきます。

僕は『SPGアメックス』をメインでは使っていないんですが、それでも年間1万ポイントぐらいは貯まってますね。

ポイントの有効期限は2年間と比較的長め。しかも、新たに1ポイント以上ゲットすればその日からまた有効期限が2年間延びるので、日常的に使っていれば実質無期限になります。

貯まったポイントは「Marriott Bonvoy」参加ホテルの無料宿泊やギフトカードなどと交換できるほかマイルにも交換できるので、ポイントの出口戦略もしっかり確保されています。

最大1.25%のマイル還元率

マリオットポイントはANAやJALをはじめとする40種類以上のマイルへの交換に対応しています。しかも交換手数料は無料

基本交換レートは「3ポイント:1マイル」なので、普通にマイルと交換すると還元率は1%なんですが、60,000ポイント以上をまとめてマイルに交換すると15,000ポイントのボーナスポイントがもらえるようになっています。

そこで60,000ポイントちょうどを一気に交換すれば、75,000ポイント→25,000マイルとなり還元率は実質1.25%に。

「ANA TOKYUルート」みたいに煩雑な手間をかけることなく、また、どのJALカードよりもJALマイルを貯めやすいので、マイラーには必須とも言えるカードですね。

毎年もらえる50,000ポイント分の無料宿泊特典

『SPGアメックス』最大のメリットとも言えるのが、このホテル無料宿泊特典

50,000ポイント分までのホテルを対象に、なんと2名分まで1泊1室の無料宿泊ができます。

正直言って、この特典だけでも年会費を軽くオーバーするレベルの太っ腹なサービスです。

通常50,000ポイントを貯めようと思うと、約167万円のカード利用が必要となりますが、それがたった34,100円の年会費を払うだけで良いので、かなりコスパが高いですね。

さらに、この無料宿泊特典にはブラックアウト(設定除外日)が無いので、空室さえあれば夏休みや年末年始のピーク時にも無料宿泊できるのが嬉しいところ。

入会初年度に限りこの特典はもらえませんが、次年度以降カード会員を継続することで毎年付与されます。

特典がもらえるタイミングは、年会費を支払ってから約1か月半〜2ヶ月後で、有効期限は付与日から約1年間となっています。

それでは無料宿泊できるホテルをチェックしていきましょう。

無料宿泊できるホテルの一例

「Marriott Bonvoy」参加のホテルは、1〜8のカテゴリーにランク付けされています。

カテゴリーの数字が大きくなるほど、よりラグジュアリーなホテルに分類され、宿泊に必要なポイント数も多くなります。

各カテゴリーのホテル宿泊に必要はポイント数はこちら。

各カテゴリーの必要ポイント数一覧

カテゴリーオフピーク(閑散期)スタンダード(通常期)ピーク(繁忙期)
15,0007,50010,000
210,00012,50015,000
315,00017,50020,000
420,00025,00030,000
530,00035,00040,000
640,00050,00060,000
750,00060,00070,000
870,00085,000100,000

50,000ポイントまでの無料宿泊と交換できるので、スタンダード期にはカテゴリー6まで、オフピーク期はカテゴリー7まで、ピーク期はカテゴリー5までのホテルが利用できます。

  • スタンダード期:カテゴリー6まで
  • オフピーク期:カテゴリー7まで
  • ピーク期:カテゴリー5まで

残念ながら無料宿泊特典では、最上位のカテゴリー8のホテルは利用できません。

しかしオフピーク期ならカテゴリー7の「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」や、ハワイ・ワイキキの「モアナサーフライダー」などの有名ラグジュアリーホテルも利用できてしまいます!

そろそろ具体的にどんなホテルに宿泊できるのか気になっていると思うので、国内のホテルを地域・カテゴリーごとに分けて紹介していきます。

地域・カテゴリーごとの国内ホテル一覧

地域カテゴリーホテル名
北海道4フォーポイントバイシェラトン函館
6キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道
6シェラトン北海道キロロリゾート
7ウェスティン ルスツリゾート
宮城5ウェスティンホテル仙台
千葉7シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
東京5ACホテル東京銀座
5アロフト東京銀座
5シェラトン都ホテル東京
5コートヤード・マリオット銀座東武ホテル
5モクシー東京錦糸町
6コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション
6ザ・プリンス さくらタワー東京、オートグラフ コレクション
6東京マリオットホテル
6メズム東京、オートグラフ コレクション
7ウェスティンホテル東京
8ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル
8ザ・リッツ・カールトン東京
8東京エディション虎ノ門
横浜5横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ
山梨5富士マリオットホテル山中湖
長野4コートヤード・バイ・マリオット白馬
6軽井沢マリオットホテル
静岡5伊豆マリオットホテル修善寺
愛知4フォーポイントバイシェラトン名古屋 中部国際空港
5名古屋マリオットアソシアホテル
奈良6JWマリオット・ホテル奈良
滋賀5琵琶湖マリオットホテル
和歌山5南紀白浜マリオットホテル
京都6ウェスティン都ホテル京都
8ザ・リッツ・カールトン京都
8翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都
大阪4モクシー大阪本町
5コートヤード・バイ・マリオット大阪本町
5コートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーション
5シェラトン都ホテル大阪
6ウェスティンホテル大阪
6大阪マリオット都ホテル
7ザ・リッツ・カールトン大阪
7セント レジス ホテル 大阪
兵庫4ウェスティンホテル淡路リゾート&コンファレンス
4神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ
広島6シェラトングランドホテル広島
宮崎4シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
沖縄6オキナワマリオットリゾート&スパ
7シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
7ルネッサンス リゾート オキナワ
8イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古
8ザ・リッツ・カールトン沖縄

「Marriott Bonvoy」のゴールドエリート会員に

この特典も推しポイントの1つ!

『SPGアメックス』を保有するだけで、ロイヤルティプログラム「Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)」における会員ステータスが「ゴールドエリート」になります。

本来ゴールドエリートになるためには、「Marriott Bonvoy」参加ホテルで年間25泊の宿泊が条件となっています。

Marriott Bonvoyランクアップ条件
メンバー(平会員)0~9泊/年
シルバーエリート10泊/年
ゴールドエリート25泊/年
プラチナエリート50泊/年
チタンエリート75泊/年
アンバサダーエリート100泊/年+$200利用

仮に1泊2万円が掛かるとしたら、ゴールドエリートになるには約50万円の出費が伴うことに…。かなりの出費ですね。

それが『SPGアメックス』を保有するだけでランクアップできるなんて、すごくないですか?

しかもゴールドエリートになることで、宿泊時に様々なサービスが受けられるようになります。

  • 客室のアップグレード(※空室状況による)
  • 14時までのレイトチェックアウト
  • 滞在分の25%ボーナスポイント
  • 250 or 500ボーナスポイントのウェルカムギフト
  • 客室内高速インターネットの無料利用
  • 会員限定料金

など

この中でも特に嬉しいサービスが、客室のアップグレードですね。

対応してもらえるかどうかはチェックイン時の空室状況にもよりますが、運が良ければさらにラグジュアリーなホテル時間を楽しむことができますよ。

今なら紹介キャンペーンの入会で最大64,000ポイント!(2020/9/28まで)

最後に、お得な入会キャンペーンについて紹介しておきます。

今なら2020年9月28日までの期間限定で、通常より25,000ポイントアップの最大64,000ポイントがゲットできます。

手順は3ステップと簡単です。

  1. 「Marriott Bonvoy」公式サイトから会員登録
  2. 紹介フォーム」からカード申し込み
  3. 入会から3ヶ月以内に10万円カード利用・マリオットホテルで2回宿泊

手順1:公式サイトのキャンペーン登録

まずは、いま開催中のキャンペーンに登録します。

こちらのキャンペーンでは、2020年9月28日までの期間中、マリオットのホテルでの宿泊費の支払いを伴う滞在を2回すると、1泊無料宿泊特典 (最大25,000ポイント相当) がもらえます。

公式サイトにアクセスして、氏名・国/地域・メールアドレス・携帯番号を登録します。

氏名は英語で入力してください。

登録すると会員番号が取得できるので、それをメモってページをいったん閉じましょう。

そのまま申し込みを進めてしまうと、もらえるポイントが減少してしまうのでお気をつけを。

手順2:紹介フォームからカード申し込み

会員登録を済ませたら、次は『SPGアメックス』を申し込みます。

公式サイトから申し込むと最大33,000ポイントがもらえますが、紹介経由で申し込むとさらに6,000ポイントがもらえます。

下記の「紹介フォーム」からお問い合わせいただければ、すぐに紹介URLをご連絡いたしますので良ければご利用ください。

\紹介経由で+6,000ポイント/

紹介フォームからお問い合わせいただくと、紹介URLを記載したメールが届くかと思います。

そのURLからカードを申し込み手続きをしましょう。

ちなみに『SPGアメックス』ホルダーである僕からの紹介になるので、普通に申し込むより審査に通りやすくなるみたいですよ。

入会から3ヶ月以内に10万円カード利用・マリオットホテルで2回宿泊

無事に入会して『SPGアメックス』を入手したら、あとは入会から3ヶ月以内に10万円以上のカード利用をするだけ

マリオットホテルで2回宿泊すれば、10万円のうち半分ぐらいは消費できて、25,000ポイントももらえます。

もし、ホテルの滞在が難しいという人は、Amazonギフト券を購入することをおすすめします。有効期限が10年あるので、無駄になることはありません。

10万円のカード利用達成だけでも、紹介経由で申し込んだ場合には39,000ポイントがもらえます。

SPGアメックスの入会特典ポイント数
通常入会特典(10万円利用)33,000ポイント
SPGアメックス紹介プログラム特典6,000ポイント
Marriot Bonvoyキャンペーン特典25,000ポイント
合計最大64,000ポイント

マイラー向けの特典も充実

宿泊に特化した『SPGアメックス』ですが、マイラー向けの特典も充実しています。

  • 空港ラウンジが同伴者1名まで利用できる
  • 空港から手荷物を自宅まで送れる配送サービスが利用できる
  • 2万円までの航空便遅延補償がある
  • 利用付帯で最大1億円の海外旅行保険

ゴールドカード以上なら大抵付帯している空港ラウンジ利用特典ですが、『SPGアメックス』はカード本人だけでなく同伴者1名まで無料利用ができます。

同伴者まで無料になるカードは数少ないので、夫婦で旅行する時なんかに重宝しますね。

また、手荷物の配送サービスもめっちゃ便利で、カード会員1人につきスーツケース1個を無料で自宅まで配送してもらえます。

ハワイ旅行から帰る際、実際に利用してみたのですが、手荷物が無くなって帰りの移動がめちゃくちゃラクになりました。

まとめ

『SPGアメックス』を持つようになってから、これまで全く興味のなかったラグジュアリーホテルにも関心が向くようになりました。

これまでは安い宿泊先ばかりを探していたんですが、これを機に上質な時間を過ごすことにお金をかけるのも人生の楽しみの一つじゃないかなと思えるようになりました。

『SPGアメックス』のおかげで、大好きな旅行の楽しみがさらに増えましたよ!

もしこの記事を読んで『SPGアメックス』が気になった人は、今なら僕からの紹介で最大64,000ポイントがゲットできるので、ぜひ「紹介フォーム」から問い合わせいただければと思います。

えふぃる
えふぃる
毎年ホテル無料宿泊特典を使えば、年会費が実質タダだよね

\紹介経由で最大64,000ポイント/

この記事のURLとタイトルをコピーする
  
こちらの記事もおすすめ