# カメラアクセサリー

たったの786g。どこにでも持ち運べるトラベル三脚『Velbon UT-3AR』レビュー

三脚はカメラ撮影の幅を広げるのに欠かせないアイテム。

これ1本あるだけで、セルフ撮りや長時間露光、安定したハイ&ロー撮影など、様々な撮り方が楽しめるようになります。

ずっと前から欲しいなぁと僕も思っていたのですが、「三脚ってデカくて重そうだし、持ち運びが大変そう…」というイメージから中々購入に踏み切れずにいました。

そんな中、軽量でコンパクトな『Velbon UT-3AR』というトラベル三脚の存在を知り、お値段も8,000円台とそこまで高くなかったので、モノは試しにと購入してみました。

結論から言うと、買って大正解

たった786gの超軽量で、折りたたんだ状態だと三脚とは思えないほどコンパクトなのがスゴい。これなら気軽に持ち運びできます。

さらに、独自のロック機構により簡単に脚の伸縮ができるので、サクッと撮影をスタートできるのも魅力。

値段なりのチープさはあるものの、質よりも携帯性を重視していた僕にとっては、まさに求めていた理想の三脚でした。

旅のおともに最適なカメラ用トラベル三脚『Velbon UT-3AR』

こちらが今回ご紹介するトラベル三脚『Velbon UT-3AR』です。

2019年3月にVelbonから発売されたウルトレックシリーズ史上最軽量のモデルで、老舗メーカーならではの技術が詰まった三脚に仕上がっています。

MADE IN MYANMAR。ミャンマー製だそうです。

折りたためばわずか295mmに

まず驚くべきは、収納時のコンパクトさ。

脚が180°反転でき、雲台部分にちょうど収まるように折りたたむことができます。

そして折りたたんだ状態の長さは295mmと非常にコンパクト。

収納時の突起部分が極限まで押さえられたスリムな作りになっているので、カメラバッグなんかにも入れやすいですね。

脚の展開もとても簡単で、脚を反転させてボディ中央にある「ロータリーハブ」を回して足を開きを固定するだけでOK。

本体はアルミ素材でできていて、重さも786gと三脚の中ではかなり軽量。

1kgを切っているとやはり軽く感じますね。

伸ばせば最長1,355mmに

畳んだ状態ではかなりコンパクトですが、5段階で脚の長さを調整できて、最大まで伸ばすと全長1,355mmと十分な高さになります。伸縮比はなんと約4.6倍!

アイレベルには一歩届きませんが、風景やモノ撮り、テーブルフォトなど僕の使い方では一切支障は感じません。

ちなみに、僕はこの三脚を購入してから、いつもこんな感じでモノ撮りしています。

雲台の耐荷重は約1.5kg

残念ながら雲台の耐荷重は約1.5kgとそこまで優れてはいません。

しかし昨今では、カメラやレンズは小型が図られていますし、すでに小型システムで運用している人にはさほど影響はないと思います。

大型の望遠レンズを多用するような人にはこの三脚は向いてませんが、僕が使っている『X-T30』と『XF35mm F1.4 R』の組み合わせなら約600gと軽量なので、全く問題なく使えています。

さらに、雲台は互換性の高いアルカスイスで、ボール式の自由雲台で角度も自由自在。

90°直角にも曲がるので、縦構図や真上&真下撮影も簡単にできますよ。

独自のウルトラロック機構が便利

Velbon UT-3AR』の脚には「ウルトラロック」という独自の機構が採用されています。

バチンと1個ずつ留めるようなレバー形式のロック方法とは違って、脚をくるっと120°ほど回してひねるだけで伸縮できます。

1回の動作で素早くセッティングできるのがめちゃくちゃ便利で、見た目もスマートでスッキリしているのが良い感じです。

ただ、ロックがしっかり掛かっているかが視覚的に分かりにくいというデメリットも。

ロックしたつもりが掛かって無くて脚が縮んでしまうことがたまにあります。

しっかり回しきればいいだけなんですが、その点はちょっと注意ですかね。

雲台が取り替えできない

総合的によくできている三脚ですが、唯一残念だなと思ったがあります。

それは、雲台が交換できないこと。

この雲台はプラスチック製ということもあり、耐久性に懸念があります。

もしこの部分が故障してしまったら、丸ごと三脚を買い換える必要があるので、長く使うためにもここは取り外しできる雲台を採用して欲しかったですね。

耐久性については、しばらく使い込んで様子を見ることにします。

まとめ

今回はカメラ用三脚の『Velbon UT-3AR』について紹介しました。

耐荷重が1.5kgまでということや雲台が交換できないなど気になる点はあるものの、Velbonの三脚としてはお値段も手頃で、トラベル三脚として求められる機能がギュッと詰まった使いやすい三脚だと思いました。

  • 約8,000円と手頃な価格設定
  • 295mm・786gと持ち運びに便利なスペック
  • 最長1,355mmと必要十分な高さ
  • スムーズな脚の伸縮機構の採用

旅先での持ち歩きにはもちろん、モノ撮りなどでもきっと活躍してくれると思うので、はじめての三脚にぜひおすすめしたいモデルですね。

えふぃる
えふぃる
この三脚はホントに持ち運びが苦にならないから助かる
この記事のURLとタイトルをコピーする