# 財布

【What’s In My Wallet? 2020】キャッシュレス時代にマッチしたミニマル化|#わたしの財布の中身

みんなはどんな財布を持っていますか?

財布は「ファッション」の1つでもあり、持つ人の個性が現れやすいモノだと考えています。

財布の大きさや色、材質はもちろんのこと、財布の中に入れているカードの種類や枚数、常備している現金の金額などは、人によって様々なはず。

そんなお財布事情をみんなでシェアし合えたらいいなぁということで、先だって自分の財布の中身を紹介してみようと思います!

使っている財布:キャッシュレス時代にマッチした理想のミニマル財布「PRESSo」

僕が使っているのは、株式会社dripさんがクラウドファンディングで生み出した『PRESSo』というミニマル財布。

僕らがほしい、キャッシュレス時代の理想の財布」をキャッチコピーに作られただけあって、必要最小限の機能を満たしつつ、圧倒的なコンパクトさを実現しています!

カードが約6枚、紙幣が約5枚、小銭が約6枚程度と必要最小限が収納できるつくりですが、使い込むほどに革が馴染んできて収納力もアップします。

実際に使ってみた感触ですが、『PRESSo』にはチャックやボタンが一切無いので、シームレスにカードや現金の取り出しができる点が最高に便利です。

また、銀座で革製品を手掛ける「PRARE」が携わっていることもあり、その品質は折り紙付き。

僕は『PRESSo piqué』というシリーズのトープ色を選んでいるのですが、外側にはタフレザーというシボ感のある柔らかくも丈夫な革が使われていて、「モフッ」とした手触りがなんとも心地良いのです。

内側には経年変化が楽しめるベジタブルタンニンレザーが使われていて、外と内で2つの異なる素材感とツートンカラーが楽しめるのもお気に入りポイント。

また、トープ色の絶妙な色遣いが僕の好みのカラーに非常にマッチしていて、所有欲を存分に満たしてくれます。

現在は「Amazon」や「楽天市場」でも購入できるようになっています!

最高におすすめなので、ぜひみんなにも使ってもらいたいです!

ミニマル財布「PRESSo」に入れているカード類を紹介

PRESSo」には、持っている全カードの中から普段使うものだけを厳選して財布に入れています。

僕は現在6枚収納していて、そのうちの2枚が免許証といざという時のためのテレホンカードで、残りの4枚がクレジットカードとなっています。

では、僕が使っている選ばれしクレジットカードたちを紹介しよう。

メインクレジットカード:楽天プレミアムカード

僕は楽天市場を愛用していることもあって、『楽天プレミアムカード』をメインに使っています。

カード利用で貯まる「楽天スーパーポイント」が現金同等といえるほど使い道が幅広く、基本還元率も1%と高めなのが嬉しいですね。

さらに、楽天市場では『楽天プレミアムカード』で決済するだけで還元率が+4%となるのが最大のメリットで、楽天経済圏にいる人は必須のカードと言えます。

年会費が税込11,000円と少し高いかと思われますが、通常年会費4万円以上するプライオリティパスがなんと無料でもらえるので、コスパは最強レベル!

プライオリティパスがあれば質の高い空港ラウンジも使えるようになるので、よく飛行機で旅行に行く人にもおすすめの1枚です。

サブのクレジットカード:SPGアメックス

スマホ代やブログのサーバー代などの固定費用を『SPGアメックス』で支払っています。

『SPGアメックス』は100円の利用につき3ポイントが貯まり、貯めたマリオットポイントはホテルの宿泊代に充当できるほか、最大1.25%還元でマイルに交換することができます。

年会費は税込34,100円と高額な部類に入りますが、2年目以降には継続特典として50,000ポイント分の宿泊無料特典がもらえるので、ホテルに毎年泊まれば実質無料でカードを維持できる点がメリットですね。

そのほか、充実した海外旅行傷害保険が自動付帯していたり、空港ラウンジを同伴者プラス1名で利用できたり、ホテルの無料グレードアップができるなどベネフィットが最高に優れたカードです!

僕はこのカードを手にしてもうすぐ2年目になるので、無料宿泊特典を使って、優雅な旅行を楽しみたいと考えています。

さらに、僕からの紹介ボーナスとして、今なら新規入会で最大49,000ポイントがもらえるので、もしSPGアメックスが気になった人は、僕のブログの「専用ページ」からお問い合わせしていただければ対応いたします!

家計用クレジットカード:エポスゴールドカード

僕は家計用として『エポスゴールドカード』を使っています。

エポスゴールドカード』の還元率は0.5%で、 200円利用につき1ポイントが貯まる仕様ですが、リボ技を使うことで還元率を2倍(=1%)にアップできます。

また『エポスゴールドカード』の特典には「選べるポイントアップショップ」というものがあり、3つまで登録した店舗やサービスの還元率を3倍の1.5%まで高めることができます。

僕は家計に係る固定費の「NHK受信料」と「電気代」、「モバイルSuica」の3つをポイントアップ設定しているので、効率良くポイントを貯めることができています。

さらに、年間100万円以上利用すると、ボーナスで10,000ポイントがもらえるのも『エポスゴールドカード』ならではのメリット。

他にも『エポスゴールドカード』はリボ増額払いを利用することで、ペイジー払いで複数の口座からカード利用分の支払いができるという裏ワザ的な使い方ができます。

これが実際かなり便利で、自分都合で利用した分は自分の口座から支払って、生活費などの支払いについては家計用口座から支払うといったように、使途に応じて引き落とし先を分けることができます。

もし1人1枚しかクレジットカードが持てないとしたら、僕は『エポスゴールドカード』を選びますね!

サブのサブのクレジットカード:イオンカードセレクト

僕みたいな田舎者のオアシスであるイオンで役に立つのが『イオンカードセレクト』です。

毎月20日・30日に『イオンカードセレクト』を提示すると思い、買い物代が5%割引になります。

また、クレジットカード機能のほか電子マネー「WAON」やWAONポイントカード、イオン銀行のキャッシュカードの4機能をこの1枚に集約しているのが便利すぎます。

あと、僕はJCBディズニーの柄を申し込んでいるのですが、このエアメール風のレトロな券面がめっちゃ可愛いんですよね。

券面デザインがホントに良いので、持っておくだけでも価値があると言っても過言ではないですよ。

ミニマル財布「PRESSo」に入れている現金の金額

PRESSoはコンパクトな分、現金の収納力も限られています。

そこで、僕は5千円札1枚だけを基本キープして入れるようにしています。

その理由は、基本キャッシュレス決済で済ましているので、現金で1万円を使う場面はそうそう無いということと、お釣りが発生するような支払いをした場合に、1万円札だとお札の枚数が多くなってしまう可能性があるからです。

5千円札であれば多くても1千円札が4枚にしかならないけれど、1万円札だと最大9枚になってかなり嵩張ってしまうので、1万円札を入れるのは避けるようにしています。

万が一、5千円札で足りない場合は近くのコンビニで下ろせばいいだけなので、困ったことは一度も無いですね。

ちなみに普段は送金アプリ「pring」を使ってセブン銀行で現金の入出をしています。

スマホさえあればカードレスで手続きできるのが最高に素晴らしい!

まとめ

今回は2020年の財布の中身について、紹介してみました。

財布とその中身を見れば、なんとなくその人のライフスタイルが垣間見えるような気がして、面白いんですよね。

ぜひみんながどんな財布を使っていて、どんな中身なのかをシェアできれば幸いです!

えふぃる
えふぃる
「PREESo」はいいぞぉ