# 旅のあとがき

『FUJIFILM X-T30』片手にフォト花見してきました。

今年も春がやってきました。

各地で桜が見頃を迎えているので、本来なら桜の名所に行ってお花見をしたいところなんですが、このご時世なので人との接触を避けるため、車でドライブしながら道端でひっそり咲いている桜の写真を撮る「フォト花見」をしてきました。

写真は全て無加工のJPEG撮って出しです。

桜が春を連れてきた

車をしばらく走らせていると、大通りから少し入ったところに程よい桜並みを見つけました。

天気も良く桜もちょうど満開で、花見には最高のコンディション。

車から降りてさっそくパシャリ。

普段は家の中でのモノ撮りが中心なので、外での撮影は慣れていなくて難しかったです。

全体的にハイキーな写真になってしまい、白飛びした写真を量産しまくっちゃいました…。

ちなみに『X-T30』搭載のフィルムシミュレーション機能を使って撮影していて、普段は「PRO Neg. Std」を選んでいます。

折れた桜の枝から新たな命が息吹いたのでしょうか。

地面のすぐそばから桜が咲いていたのが印象的でした。

世界は桜で満ちている

さっきとはまた違う場所で桜並木を見つけました。

地面の緑とのコントラストが綺麗。

あちらこちらで春が芽吹いていますね。

桜を見ると不思議と嬉しい気持ちになるのは何故でしょうか。

ここからの3枚はフィルムシミュレーションの「クラシッククローム」で撮ってみました。

コントラストが強めになって彩度は少し抑え気味に。

力強い生命力を感じられるような渋めの桜が撮れました。

満開の桜の木の下で

また別の桜を求めて移動していると、桜の木が塊になって植っているところがありました。

色の白い桜や濃い色の桜など、色んな種類の桜が見れるスポットでした。

ここからはフィルムシミュレーションを色々変えて撮ってみましたよ。

似たようなショットが多くてすみません。笑

桜を撮るのは難しいですね…!

柔らかい雰囲気を出したいのですが、ボカすとごちゃっとするし、絞ると硬い印象になっちゃう。

まだまだ修行が必要です。

色々撮った中で、今日のお気に入りはこれ

春の光らしい透明感をうまく表現できたんじゃないかなぁと思います。

やっぱり春が好き

毎年この季節になると、やっぱりこの時期が1番好きだなぁとあらためて思います。

新たな予感を感じさせてくれるというか、ワクワク感が自然と高まってくる感じが好きです。

これからまた始まる春夏秋冬の1年が楽しみですね。

えふぃる
えふぃる
春が芽吹いてくると気分もアガるね

今日のカメラとレンズ

  • FUJIFILM X-T30
  • FUJINON XF35mm F1.4 R

今は35mm単焦点1本しか持っていないのですが、桜の木なんかを撮るなら広角レンズもあった方がパース感も出せたりできて良いかもしれませんね。

この記事のURLとタイトルをコピーする
  
こちらの記事もおすすめ